「ルンバが目指すのは、スマート家電ではなく、IoR(Internet of Robots)」コリン・アングル(アイロボット社CEO)

写真拡大

ロボット掃除機の開発を通して、アイロボット社はどのような未来を実現しようとしているのか。その理想にどこまで最新機種の「ルンバ980」は近づくことができたのか。コリン・アングルCEOが「IoR(Internet of Robots)」のヴィジョンを語る。

「「ルンバが目指すのは、スマート家電ではなく、IoR(Internet of Robots)」コリン・アングル(アイロボット社CEO)」の写真・リンク付きの記事はこちら

アイロボット社の企業哲学は非常にシンプルだ。「人々に役立つ実用的なロボットを生み出し続けること」。

今回発表された「ルンバ980」は“実用的”という意味では、これまでのルンバとは次元が違う。「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」機能を搭載し、地図作成とクリーニングを同時に実行しながら、185屐別112畳)を2時間かけて完璧にきれいにしていく。スマートフォンで外出中でも遠隔操作ができるほか、あらかじめ掃除のスケジュールを設定しておけば、もはやロボット掃除機に触れることなく、部屋を常にきれいなままの状態に維持できるのだ。

関連記事:「ルンバ」は、なぜ従来の走行パターンを捨てたのか

その使い勝手やパフォーマンスは、すでに他社のロボット掃除機と比べても秀でている。だが、コリン・アングルCEOによると、アイロボット社の目指す究極のロボット掃除機に到達するまでには、まだ続きがあるという。

今回の来日で「究極のロボット掃除機の実現までに、現状の『ルンバ980』は約85パーセントまで近づいている」とアングルは答えているが、残り15パーセントにはどんな革新を込めるのだろうか?

最新機種を発表したばかりだが、コリン・アングルCEOの頭の中には、すでに新しく実現したいアイデアが溢れている。

「いま以上にマッピングテクノロジーの精度を高めたいです。清掃力においても、さらにエネルギー消費を減らしながら高められると確信しています。時間をかけて開発を進めれば、いずれ実現できるでしょう」

ただし、その究極のロボット掃除機を超えて、アングルはさらに先の未来のアイデアまで構想している。「単にゴミを吸引するだけではなく、その前に床にあるモノを自ら拾って然るべき場所に戻したり、床をきれいにした後で、溶剤やワックスなどをかけてくれたりするようになれば、よりパーフェクトなロボット掃除機に近づくと考えています」



コリン・アングルCEOは、アイロボット社が目指す、ロボットと暮らす未来のヴィジョンを語った。

アイロボット社は今後、決してロボット掃除機だけをつくっていきたいわけではないという。

「掃除機能に特化したロボットの開発だけを続けていきたいわけではありません。新しい種類のロボットの開発にかかる費用よりも、それを生活の中に取り入れる需要さえ上回れば、われわれはどんなロボットだって将来的にはつくれるようになると確信しています」と、アングルは世界ナンバーワンのロボティクス企業ならではのプライドや気概を込める。

「家電とスマホを接続することが目的化してしまっているような“スマート家電”を多くのメーカーが開発していますが、われわれはもう一歩先の未来を目指しています。複数の自立型ロボットが相互につながり、住人の生活を自ら快適にサポートするような『IoR(Internet of Robots)』を実現しようとしているのです。ルンバはその未来を実現するためのパーツのひとつに過ぎません」

「IoRの未来では、ルンバは人とほぼ顔を合わせることはなくなります」と彼は続ける。「その代わり、人とやりとりすることが主な目的となる、ヒューマンインターフェイスロボットが登場することでしょう。それらは人と対面するものですから、愛着をもってもらえるような魅力的なデザインのロボットになるはずです」

「このように一緒に生活するロボットでも、役割、機能、容姿はさまざまですが、ひとつだけ共通する特徴は“実用的”だということです。こういった未来を実現できるのが、われわれアイロボットなのです」

アイロボット