東村アキコ『ヒモザイル』休載に見る“炎上気にしすぎ”時代
 漫画誌『月刊モーニング・ツー』2015年10月号で始まった東村アキコの新連載『ヒモザイル』が、第2回をもって休載となりました。

「金ない仕事ないモテないダサい、でも夢はある」男性たちを教育し、高給取りの女性たちと結婚させよう……という実録漫画でした。ところが、ネットで無料公開されたあたりから批判が噴出して炎上状態に。

 作者から休載の申し出があり、「嫌な気持ちになった方には本当に申し訳ない」とツイッターで謝罪する事態になったのです。

 いったい何が問題だったのでしょうか? 少女漫画コンシェルジュの和久井香菜子さんに聞いてみました。

◆読んでてイラッとする面は確かにある

「作品では、2つのエピソードが語られています。ひとつは、セレブママ友が東村さんの男子アシスタントたちを見て『あの子達、いくつ? 見込みあるの?』と疑問を投げかけたこと。もうひとつは、アラサー女子会での『家事・育児ができる夫なら結婚してもいい』という女性たちの会話です」(和久井氏)

 この2つのエピソードから、東村さんは「稼げない男性たちを、アラサー女子と結婚させてヒモにすればいいんじゃないか」と思いつくわけです。

「ママ友は、アシスタント男性たちについて『どうしよう、うちの子があんな風になったら』と言います。その言葉に東村さんは『彼女のほうが圧倒的に普通だ』と同調するのです。

 一方で、アラサー女子会の会話に東村さんは『いつも同じ話題で、正直もううんざりだ』と書いています。

 つまり、セレブなママの言うことは正しくて、アラサー独女の言うことはウンザリなのか、というわけです。東村さんは人気作家でお金もあるし、結婚して子どももいるわけで、読む人からすると『勝ち組が人を見下している』と感じるのでしょう」(同)

 たしかに、ネット上では「独身女性を見下している」「主夫をヒモ呼ばわりって…」など、“上から目線”を批判する書き込みが多く見られました。

「私も正直、アラサーの女子会について『同じ話でうんざり』という言葉にはちょっとイラッとしました。だったら、なぜ女子会に参加するのかと。

 そしてママ友の『うちの子があんな風になったらどうしよう』という言葉は、イヤミにも受け取れます。

 たしかに世の親は子どもには過大な期待をかけるものです。石川遼が活躍すればゴルフが、錦織圭が活躍すればテニスが大ブームになるように、子どもには自分以上になって欲しい。その親の感覚を『普通だ』と書くのはわかります。

 ただ、漫画では圧倒的に言葉が足りないために、見下しているように読めてしまう」(同)

◆漫画には脚色も誇張もあって当たり前

 また、東村さんがアシスタントをマンガ家にするのではなく、望んでいるかもわからない「ヒモザイル」にさせようとしていることに、「余計なお世話」との書き込みが相次ぎました。これについても、和久井さんは一定の理解を示します。

「アシスタントたちは『バクマン。』の主人公のように猛烈に努力をしているようには見えません。お菓子を食べてテレビを見ている彼らを見たら『お前ら本気でマンガ家になる気があるのか』と思いますよね。

『自分がやりたいこと』と『出来ること』が同じなら幸せですが、誰しもそうだとは限らない。不得手なものに執着するよりも、別の居場所を見つける方が幸せなことが多いと感じます。東村さんは、彼らがやりたいことを尊重した上で、食べていく道を作ろうと考えたのではないでしょうか。

 少女マンガには『薔薇のために』や『高校デビュー』など、男性に教育されて女性が磨かれていくという話は、ごまんとあります。それを男女逆転させて、『女に好かれる男になれ』とやった『ヒモザイル』は、男性のプライドを傷つけたのかも」(同)