来年3月に発売予定のホンダの燃料電池車

写真拡大 (全2枚)

 2年に1度のクルマの祭典、「東京モーターショー2015」(東京ビッグサイト)がいよいよ10月30日より一般公開される。今年は世界11か国から160の自動車関連企業が集結。発売前の新型車から注目のコンセプトモデル、最新技術などをお披露目する。

 カーマニアの間では、早くもトヨタ自動車の小型試作車『S―FR』、ホンダが11年ぶりに復活させる新型『NSX』、マツダの『スポーツコンセプト』といったスポーツカーに期待する声が高まっているが、モーターショーの醍醐味は何も派手なモデル鑑賞ばかりではない。

「いま、自動車業界は厳しい環境規制に対応した最新エコカーの開発や燃費競争、自動運転システムなどをめぐる未知なる技術の覇権争いが慌ただしくなっています。『最新テクノロジーショー』の観点から会場を回ってみると、また違った楽しみ方もできると思います」

 こう解説する自動車ジャーナリストの井元康一郎氏に、“モーターショーを10倍楽しく見る方法”を指南してもらった。

【トヨタVSホンダのFCV(燃料電池車)戦争】

 水素燃料を動力源とするFCVは、すでにトヨタが『MIRAI(ミライ)』を発売し、8月末で3000台の受注を超えた模様だが、ホンダも来年3月に発売する量産型の『新型FCV』をモーターショーで正式発表する。

 ホンダ車の価格はミライと同等の700万円台を想定。3分間の水素フル充填でミライの650kmを超える700kmの走行距離を実現させるなど、今後、ライバル心剥き出しのFCV戦争が勃発しそうな気配。一足早くホンダFCVに試乗した井元氏は、こう評価する。

「外観のフォルムはトヨタもホンダも変わりありませんが、車内スペースの広さや乗り込んだときの馴染み感、走行時の滑らかさ、騒音低減など、ホンダFCVは2008年よりリース販売している『FCVクラリティ』よりも格段に進化させています」

 対するトヨタは、ミライはもちろん、駐車している時に発電装置としても使えるFCVのコンセプト車を世界で初めて公開する。

「水素社会がどこまで広がるか分かりませんが、FCVが将来のクルマ選びの候補となり得るか、じっくり見てきて欲しいと思います」(井元氏)

【手離しの自動運転はどこまで実現する?】

 矢沢永吉が出演する日産自動車のCMで強烈なインパクトを与えた自動運転技術。もちろん、日産だけでなく大手メーカーがそれぞれ研究を重ねている注目分野で、今回のモーターショーでもさまざまな新提案が出てくるはず。

「歩行者や自転車が行き交う市街地で、自動運転のクルマをどうやって溶け込ませていくか。人工知能の進化を含めてハイエンドな議論も繰り返されています。機械と違って人間は欲望に従って行動するため、運転支援の機能拡大には大きなハードルも立ちはだかっていますが、各社のアグレッシブな研究成果を確認できる絶好の機会です」(井元氏)

【先進技術誇る部品メーカーブースを見逃すな!】

 自動運転に繋がる「ブレーキアシスト」や「衝突回避システム」はすでに多くの市販車で採用されているが、いまはデンソーをはじめ部品メーカー発で開発した製品が大手メーカーをも唸らせているという。

「例えば車内で物を落とした際の脇見運転を防止するシステムとか、暗闇でも障害物が見渡せる最新の赤外線レーダーを駆使したドライブシュミレーター、高精度GPSを使って自動運転に近づけるカーナビなど、各部品メーカーのブースは実際に未来の技術を体感できる展示が満載です。

 どうしても完成車メーカーよりも地味なために通り過ぎてしまいがちですが、その分、モーターショーのもうひとつの見所ともいえるコンパニオンも美人揃いですし、さまざまな楽しみ方ができると思いますよ(笑い)」(井元氏)

 今年はモーターショーで次世代技術に触れ、未来のクルマ社会に思いを馳せてみるのもいいだろう。

●写真提供/井元康一郎(ホンダの新型FCV)