オリジナルの甘辛いソースが豚肉の旨味を引き立てる「生姜焼き御膳」

写真拡大

関越自動車道・赤城高原サービスエリア(SA)下り線のレストランあかぎ庵では、地場素材を使ったグルメを多数取り揃えている。日本三大うどんの一つと言われる水沢うどんを始め、赤城牛、百日舞茸、コンニャクなど、群馬の名産が入ったメニューがズラリ。その中でも不動の人気を誇るのが、「生姜焼き御膳」(1360円)だ。

【写真を見る】あかぎ庵には、日本三大うどんの一つと言われる水沢うどんを始め、赤城牛、百日舞茸、コンニャクなど、群馬の名産が入ったメニューが揃う

生姜焼きの豚ロースには、レストランのこだわりである群馬県産を使用。クセのないあっさりとした風味が特徴の豚肉は、生姜焼きにするとより一層味わい豊かになる。レストランオリジナルの甘辛いソースは、生姜の香りがかぐわしく、食欲をそそる。食べてみると、ジューシーな脂身の旨味をソースが引き立てて、ご飯がどんどん進む。

同メニューは、30〜50代の男性を中心に幅広い層に人気だという。長距離ドライブでおなかがペコペコになったら、ボリューム満点の定食を食べて、パワーを充電しよう!【東京ウォーカー】