3位フィニッシュと復調気味の森田 思い出の地で今季初優勝なるか(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<樋口久子 Pontaレディス 事前情報◇27日◇武蔵丘ゴルフコース(6,605ヤード・パー72)>
 10月30日(金)から埼玉県にある武蔵丘ゴルフコースで開幕する「樋口久子 Pontaレディス」。今年も残すところ5試合、3月から始まった国内女子ツアーもいよいよ佳境を迎えた。
オフショットも!森田理香子フォトギャラリー
 昨年は2位からスタートした上田桃子が「あのロブは10回に1回できるか」という最高のショットでピンチを凌ぎ逆転優勝。ツアー10勝目を挙げた。その昨年覇者は今シーズン、ベスト10フィニッシュ10回もここまで未勝利。連覇達成で初勝利といきたい。
 また、今大会は主催が変わり、コースも2010年まで行われていた武蔵丘ゴルフコースに変更。その2010年大会では、森田理香子が当時のツアー最少スコアタイとなる“62”を記録(現在の記録はキム・ヒョージュの“61”)。涙のツアー初勝利を飾った。
 森田は先週の「マスターズGCレディース」で3位タイフィニッシュ。「ショット、パットの調子が良くなってきた」と上り調子だ。「残りの試合、悔いが残らないように頑張りたい」と思い出の地で今季初勝利を目指す。
 賞金女王争いを展開するイ・ボミ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)は今大会欠場。最終戦に向けてますます熱を帯びていく国内女子ツアー。33個目のカップに手をかけるのは誰だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【昨年記事】上田桃子、米国仕込のテクで魅せた!
初優勝時の森田理香子のコメント
TOTOジャパンクラシックの出場者決定!久々来日となるウィー、世界3位のルイスが参戦