写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立製作所は10月27日、ステレオカメラで取得した3次元データの解析を行うことで、人の行動の計測と、その属性(特徴)の推定をリアルタイムで高精度に行う技術を開発したと発表した。

IoTやビッグデータの進歩により、人が集まる場所での人間の行動や、個人の行動データに年齢層や親子連れなどの属性データを組み合わせて解析することなどが、新たなサービスの提供につながると期待されている。これまで、そうした人間の行動を計測する手法としては、監視カメラやレーザーレーダー、赤外線タグ、GPS端末などがあったが、いずれもリアルタイムかつ高精度に計測することは難しかった。

今回開発した技術は、ステレオカメラを用いて立体的な3次元データを作成。人の頭部付近のデータを抽出し、俯瞰視点の画像データに変換することで、混雑した空間でも安定した位置の計測を可能とし、リアルタイムでの高精度な処理を実現したとする。また、画像上の人の位置の時間的変化を求めることで、高精度な人の位置の追跡を可能にし、実環境データにおける評価では、追跡率を従来比で約30%の向上を実現したとする。

さらに、人のほか、その周辺の立体的な形状の分析も行うことで、車いすやベビーカーを認識し、それらを持つ人の属性を推定する技術も開発。このデータをあらかじめ登録しておいた物体データと比較することで、人物に付帯する物体の識別が可能となり、特定の属性を推定することが可能となったという。

なお、同社では今後、商業施設やオフィス、イベント会場などの空間における人の行動とその属性のデータに応じたサービスの提供など、マーケティングをはじめとするさまざまな分野に向けて同技術の活用を目指すとしている。