優勝者と2位表彰台を獲得した選手の力強いレース運びは、胸がすくほど気持ちのよい走りだった。しかし、あまりに後味の悪い3位争いが、本来なら清々しい雰囲気で優勝者たちが称えられるべき第17戦・マレーシアGP全体の印象を、苦々しいものにしてしまった。

 今回のレースで優勝したダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)は、土曜の予選でポールポジション記録をあっさりと0.7秒も更新し、この段階ですでに優勝候補最右翼と目されていた。午後3時にスタートした全20周のレースでも、ペドロサはその速さを遺憾なく発揮した。ホールショットを奪うと最後まで一度も前を譲らずに独走を続け、トップでチェッカー。終わってみれば、総レース時間記録を7秒以上も更新するという圧倒的な内容だった。

 2位のホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)は、11ポイント差で逆転チャンピオンを狙う立場だ。今回のレースを含むシーズン残りの2戦は、可能な限り上位で終えてたくさんのポイントを稼ぐことが、彼にとって最大の"戦略"になる。今回は優勝こそ逃したものの、ペドロサを追いかけて単独走行を続け、2位表彰台と20ポイントを獲得した。現状の状況下では、彼に可能な最大限の仕事を達成した、といえるだろう。

 ロレンソにチャンピオンシップで追いかけられる立場のバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)は、3位で終えて16ポイント。ロレンソに4ポイント縮められたことで、ふたりの差は7ポイントになった。そのロッシが"戦略"を用いて何らかの牽制をするのであれば、その対象は本来ならば直接のタイトル争いの相手であるロレンソであるはずだ。だが、ロッシが照準に据えたのは、チャンピオン競争からすでに脱落して久しいマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)だった。

 それが結果的に、マレーシアGPの決勝レースを非常に後味の悪いものにしてしまった。

 今回のレースに先立つ第16戦・オーストラリアGPは、マルケス、ロレンソ、ロッシ、そしてアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)の4台が入り乱れ、最終セクターの最終コーナーまで激しいバトルが続いた。そして、最終コーナー手前でロレンソに鋭いオーバーテイクを仕掛けたマルケスが優勝し、ロレンソは2位、イアンノーネ3位、ロッシ4位という結果で終わった。

 激しく緊張感に満ちたこのレースの余韻がさめやらぬまま、戦いは南半球から北半球の赤道直下へ移り、マレーシアGPを迎えた。そのレースに先立つ木曜のプレスカンファレンスの場で、ロッシから、「僕にチャンピオンを獲らせないため、マルケスはロレンソに味方していた」という発言が飛び出した。

 ロレンソにしてみれば、「最終ラップでブチ抜かれたんだから、最高の味方をしてくれたよね」と皮肉でかわすような内容で、マルケスは、「僕は全力で自分のレースをして、勝ちを狙いにいっただけ」と説明。金曜の午前・午後に2回のフリー走行セッションを終えた際も、マルケスは、「1日経ってもべつに腹立たしくは思っていないよ。バレンティーノはずっと尊敬してきたし、これからも尊敬する相手だから」と、22歳にしては大人の対応を見せた。ロッシの挑発的な発言に対して、マルケスが心の奥底でどんなふうに思っていたのかは知るよしもないが、少なくとも表面的には穏やかに振る舞っていたことは間違いない。

 ところで、ロッシのこの発言の背景には、第3戦・アルゼンチンGPで優勝争いの際に接触してマルケスが転倒し、さらに第8戦・オランダGPの最終ラップでも、ふたりの激しいバトルの際にゴール手前で接触が発生し、ロッシが先着、マルケス2位、という展開になった一連の"事件"がある。ロッシが語るのは、「これらの出来事を、マルケスは故意による妨害行為だといまだに根に持っている。その復讐として、チャンピオン争いで同じスペイン人のロレンソが有利になるように仕向けたんだ」という理屈だ。

 このロッシの説明が、相手に心理的な動揺を与えるための作戦なのか、あるいは疑心暗鬼にも似た自分の心情の吐露なのか、それとも、うがち過ぎなどではない鋭い真相の指摘なのか......ということについては、ここでは追求しない。明白なのは、ある時期まで年の離れた天才同士として、お互いの超人的な資質を認め合っていたふたりの良好な関係は、もはや消え失せている、という事実だ。

 そして、今回の決勝レースで、問題の事態が発生する。

 レース序盤からペドロサが飛び出した。マルケスもしばらく追走していたものの、そのペースにはついていけず、後方から追い上げてきたロレンソにも先行を許してしまい、ロッシとの3位争いという状況になった。

 2台は熾烈なバトルを繰り広げ、5周目には1コーナー、2コーナー、4コーナー、5コーナー、6コーナー、9コーナー、10コーナー、11コーナー、12コーナーと、1周で9回も位置を入れ替える激しい争いを続けた。

 そして、7周目の13コーナーから14コーナーにかけてイン側にいたロッシが、速度を落としながらマシンをコースのアウト側に寄せていった際に、アウト側にいたマルケスとロッシの左脚が接触する事態になった。横側からの映像ではロッシが左脚を出して蹴っているようにも見えたため、一瞬、会場は騒然となった。

 レース後にマルケスは、「故意に脚を出してハンドルバーをひっかけ、転倒させた」と主張。ロッシは、「あくまで向こうの走行ラインをふさいで速度を落とさせることが狙いだった。転倒させようとはしていない。自分の足がフットペグを離れているのは、彼の転倒後だったことは、上空からの映像を見れば鮮明にわかると思う」と弁明をしている。

 紙幅の関係もあり、ここではひとまず真相の究明や事の非理をただすことは置いておく。だが、『蹴り』の有無はともかくとしても、少なくとも意図的な幅寄せという危険行為が原因となって発生した転倒に対する結果責任については、レースディレクションがロッシに対して、レース中に強制的にピットロードを通過させてタイムを加算するライドスルーペナルティや、あるいは即座の失格処分があっても、おかしくはなかっただろう。たとえば過去には、意図的ではない接触転倒でも、原因を作ったライダーに対してライドスルーペナルティが科されている(2011年の第4戦・フランスGPなど)。

 レース後にロッシに下された処分は、3位入賞と16ポイント獲得を維持し、次の最終戦・バレンシアGPで最後尾グリッドからのスタート――というものだ。ロレンソに7ポイント差で追われるロッシにとって、9列目25番手からのスタートは、チャンピオン争いを非常に困難にする処罰であることは間違いない。

 しかし、チャンピオンシップでロッシを追う立場のロレンソにしてみれば、このような裁定によって有利な状況を与えられて逆転チャンプの座に就いたとしても、真っ向勝負で勝ち得たものにはならないだけに、割り切れない思いも残るのではないだろうか。あるいは、この逆境を乗り越えてロッシが念願のタイトルを獲得しても、禍根の残る王座、という印象はやはり拭い切れないだろう。

 さらに言うならば、今回の7周目14コーナーで発生した出来事により、このレースはもちろん、誰もが近年まれな素晴らしい戦いと絶賛していた第16戦のオーストラリアGPも、遺恨の伏線という苦い記憶のほうをむしろ強めてしまった。そしてロッシ自身にとっては、36歳という年齢で10回目の世界チャンピオンを目指して戦い続けてきた勇壮な今シーズンの推移すら、自らの手で貶(おとし)めてしまったともいえるだろう。

 第17戦・マレーシアGPは、力強い走りで優勝を飾ったダニ・ペドロサ以外は、全員がなにかを喪(うしな)った一戦になった。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira