遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第80回】

 10月24日、埼玉県さいたま市にて自転車競技イベント「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が開催された。このレースに出場するため、2015年のツール・ド・フランスを制したクリス・フルーム(イギリス)を筆頭に、海外のトップ選手が来日。国内で強さを発揮しているTeamUKYOは、彼ら世界の強豪相手にどんな走りを見せたのか。

 ここ数年、10月は日本のサイクルロードレース界にとって、もっとも盛り上がる1ヶ月になっている。長年にわたって毎年この月の中旬に開催されている「ジャパンカップ」に続き、2013年からはその翌週に「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が開催されているからだ。世界レベルのイベントが2週連続して行なわれることで、いまや10月は「自転車強化月間」といってもいいほどの昂奮と熱気が支配する月になっている。

 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが初めて開催されたのは2013年――。ツール・ド・フランスを主催するA.S.O(Amaury Sport Organisation/アモリ・スポル・オルガニザシオン)が直接運営に携わり、ツール・ド・フランスの総合優勝選手を筆頭に、ワールドツアー各チームから大勢の有力ライダーが参戦することもあって、開催前から大きな注目を集めた。レース当日は20万人もの観客がレースを観戦に訪れ、日本人として初めて近代ツール・ド・フランスに参戦した今中大介(現TeamUKYOアドバイザー)をして、「ツール最終日のシャンゼリゼの盛り上がりを、そのままさいたまに持ってきた印象」と言わしめるほどの盛況を見せた。

 その本場の雰囲気さながらのレースは、今年で3回目の開催となる。昨年の第2回目からは、さいたまスーパーアリーナを通過するコースレイアウトになり、それがさらにエキサイティングな演出効果にもなっている。

 10月24日に行なわれた今年のレースには、ワールドツアー勢からはツール・ド・フランス総合優勝者のクリス・フルームが在籍するチーム・スカイ(本拠地:イギリス)を筆頭に、新城幸也を擁するチーム・ユーロップカー(フランス)、別府史之のトレック・ファクトリー・レーシング(アメリカ)、さらにチーム・カチューシャ(ロシア)、AG2R・ラ・モンディアル(フランス)、エティックス・クイックステップ(ベルギー)、チーム・ジャイアント=アルペシン(ドイツ)と、世界のトップチームから錚々たる陣営が来日参戦した。

 彼らが繰り広げる本場のツール・ド・フランスさながらの攻防は、今年も日本の観客たちを魅了した。このレースに参戦した日本勢は、TeamUKYO、ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム、マトリックス・パワータグ、愛三工業レーシングチーム、宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンの各チーム。

 TeamUKYOからは、窪木一茂、畑中勇介、湊諒、住吉宏太の4名がエントリーした。窪木と畑中は3年連続3回目、湊は2回目、住吉は今回が初の参戦となる。

 レースはジョン・デゲンコルブ(チーム・ジャイアント=アルペシン)が優勝し、別府史之が2位、2015年ツール・ド・フランスのウィナー、クリス・フルームが3位に入った。TeamUKYOのメンバーからは、スプリントポイントを大量に稼いで存在感を発揮した畑中勇介がポイント賞を獲得。レース序盤にトップグループを牽引した窪木一茂は、総合11位でゴールした。

 ちなみに今回のレースに先立つ月曜、窪木は来シーズンからプロコンチネンタルチームのNIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ(イタリア)へ移籍することを発表した。レースの本場欧州で戦うチームに移る機会を得たことは、日本チャンピオンのジャージを保持する窪木にとって、才能をさらに伸ばす大きなチャンスとなることは間違いない。

 彼を送り出す立場の片山右京は、「自分もF1時代にたくさんの人に支えられ、チームを渡り歩いてステップアップしてきたので、窪木選手にも、『チャンスをもらえるなら思い切って挑戦するように』と伝えました。TeamUKYOも上を目指して、彼が戻ってきたいと思えるようなチームに育てたいと思います。これからの窪木選手の活躍を心から応援しています」とコメントしている。

 今シーズンのTeamUKYOは、窪木や畑中たちの活躍により、日本国内では圧倒的な強さを見せてきた。その彼らを擁して、ワールドツアー各チームと争った今回のツール・ド・フランスさいたまクリテリウムでは、チームの総合成績は14チーム中10位。日本勢のなかでは、愛三工業レーシングチームに次ぐ2番手というリザルトだった。

 活躍――という言葉がはばかられる数字ではあるものの、今回のレース結果は参戦した各選手たちと同様に、ツール・ド・フランスを究極の目標に掲げるチーム監督の片山右京にも、大きな刺激になったに違いない。

「『絶対にツール・ド・フランスに行ってやる』っていう気持ちは、自分にとっては、『もう一度いつかエベレストに行く』っていう気持ちと同じ種類の決意なんです。次にエベレストに挑戦するのは2018年なのか、2019年なのかわからないけど、それと同様に、そのころまでにはチームをプロコンチネンタルに昇格させなきゃ、とか、そのためのビジネスモデルを組まなきゃ、とも考えています。どちらのほうがすごいとか、大変というわけでは決してないけれども、エベレストの単独無酸素登頂と、ツール・ド・フランス参戦を同時進行で計画している人は、おそらく、探してもなかなかいないでしょうね(笑)」

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira