おしっこをする時に違和感がある、むずむずして何度トイレに行ってもスッキリしない。これは膀胱炎のサインかもしれません。一般的に女性に多い膀胱炎ですが、軽度だからと放置し完治させないままでいると、恐ろしい病気に進行することもあります。

膀胱炎の症状について知っておこう

急性膀胱炎の主な症状は、排尿後にしみるような痛みがある、残尿感があり何度もトイレに行きたくなる、尿が白っぽく濁ったり血が混じっているなどがあります。そのほか、下腹部に痛みがあったり気持ちの悪い感じがずっと続くなどの症状も。またすでに熱が高くなっている場合は腎盂炎の可能性もあります。しかしごく軽度の場合、ほとんど自覚症状が起こらないか、排尿時の違和感のみで済むこともあるようです。

冷えやストレスも膀胱炎を招きやすい要因

膀胱炎は細菌が尿道から膀胱に侵入し、膀胱の粘膜に細菌感染が起こり発症します。おしっこを我慢してはいけないというのはわかりますが、体を冷やしたり疲れたりしても膀胱炎になりやすいので注意が必要です。普段はおしっこを出すことで入り込んできた細菌を洗い出している膀胱ですが、おしっこを我慢し過ぎて膀胱が伸びてしまったり、冷えたり疲れたりして膀胱内の機能が低下すると、細菌に対する抵抗力も弱くなり感染しやすくなるのです。また、女性は男性に比べて尿道が短いことも女性が膀胱炎になりやすい原因です。

放置しておくとどうなるの?

慢性的に膀胱炎にかかる人や、症状が軽度の場合、病院に行くのが面倒で放っておいたり、市販の薬を飲んで済ませる人も少なくないようです。しかしそれはとても危険なこと。細菌感染は放っておいても完治しにくいからです。痛みなどの症状がなくなっても治癒したわけではなく、細菌の動きがおとなしくなっただけ。また何かのきっかけで暴れ出し再発することもあります。しかも中途半端に市販薬を飲んでごまかしていると、耐性がついて次に炎症を起こした際に症状が長引いたり悪化したりすることも考えられます。膀胱炎が悪化すると腎盂腎炎や腎臓への感染が起こることもあり、そうなると痛みも酷く、治療はさらに長期化します。

膀胱炎かも、と感じたら、自己判断で投薬をせずに泌尿器科か婦人科で診てもらいましょう。ほとんどは尿検査で判断できます。症状や治療を長引かせないためにも正しい治療をしてくださいね。


writer:しゃけごはん