焼きいも? それともバウムクーヘン!? 農園自慢のさつまいもをたっぷり使った新スイーツが楽しい&おいしそうっ

写真拡大

ほくほく甘〜い「焼きいも」。最近はスーパーやコンビニでも販売されていて、焼きいも好きにとってはうれしい限りですねっ。そんな焼きいも好きにぜひオススメしたい新スイーツが発売されました〜。

その名も「焼き芋ばうむ」! 見た目は焼きいも、中身はバウムクーヘンというおもしろスイーツなんです。しかも素材からこだわっていて味も極上。そのヒミツは本格派の作り手の思いと技にありました!!

【農園直営のバウムクーヘン専門店】

「焼き芋ばうむ」を作るのは、茨城県鉾田(ほこた)市の深作農園が運営するバームクーヘン専門店「Farmkuchen Fukasaku(ファームクーヘン・フカサク)」。

同店は2010年に茨城県初のオープンキッチン型のバウムクーヘン専門店として開店。農園だからこそできる素材にこだわったバームクーヘンを焼き続け、モンドセレクション5年連続金賞など数々の賞を受賞した人気店です。

【「紅あずま」をたっぷり!!】

実は、鉾田市はさつまいもの産地として有名。「焼き芋ばうむ」には、深作農園で40年以上栽培されてきた自慢のさつまいも「紅あずま」をペースト状にして使用。15層のバウムクーヘンに練り込んだうえ、中心にもさつまいもクリームがたっぷり! 表面はサクサクのパイ生地で、さつまいものゴボゴボとした質感を表現しています。

【農家さんの愛情もたっぷり!!】

農園直営のバウムクーヘン専門店が作った「焼き芋ばうむ」は、自然な甘さと香りが口いっぱいに広がる優しい味に仕上がっているとのこと。作り手の皆さんの熱い想いと愛情も感じられて、食べてみたくなりませんか〜。

ご紹介した「焼き芋ばうむ」は、Farmkuchen Fukasaku(深作農園内/茨城県鉾田市)と深作農園 通販サイトで税込4300円で発売中。さつまいも、焼きいもが好きな人、秋らしい味を楽しみたい人など興味がある方は、ぜひぜひチェックを!

参照元:@Press 深作農園
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る