Doctors Me(ドクターズミー)- TPPに日本が参入したら、医療費はどうなる? 「自由診療」って何?

写真拡大

TPPについてさまざまな場面で語られている昨今。日本がTPPに参入したら、費用や診療の内容など、医療についても大きな変化が予想されるようです。具体的には何が、どのように変わるのでしょうか?

今回はTPP参入による日本の医療の変化について、医師に詳しい話を聞いてきました。

TPPってそもそも何?

「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)」とは、太平洋の周りの国々の間で関税などを撤廃し、相互の流通を活発にしようという取り組みです。これによって輸出産業は恩恵を受けますが、国内外で差がある産業は打撃を受ける可能性があります。

特にアメリカと異なるシステムを持っている産業は、アメリカと同じシステムに変更される可能性があり「改悪」になるかもしれません。医療についてはどうでしょうか。

アメリカの医療費は?

現在、日本では健康保険ですべての医療費の個人負担は決められており、原則的にはどこでも治療にかかる費用は同額です。

一方、アメリカでは日本のような保険制度は存在せず、個人で民間保険会社の保険に入り、治療を受けます。同じ病気にかかっても治療は個々の施設で異なり、かかる費用も異なります。入っている保険会社によってかかることができる施設も受けることができる治療も異なります。しかも入院費は日本よりはるかに高額です。

「自由診療」が始まったらどうなる?

日本は基本的に保険診療となるため、保険に収載されている治療以外はできないことになっています。保険に収載されている以外の治療を行うことは「自由診療」といい、保険診療を行っている施設が保険外診療を行うことは禁止されています。保険診療と保険外診療を併用する場合を「混合診療」といい、これも原則的には禁止されていました。勝手に行うと、保険医登録を取り消されて保険診療ができなくなる可能性もあります。

日本で使用できない薬は自由診療以外では使うことができなかったため、未承認の抗がん剤などを使ってみたい場合は、自由診療をしている施設を受診するしかありませんでした。これがTPPに参入すると、いずれの施設でも自由診療が可能になるので、今まで使えなかった治療を受けることができるため、朗報といえるかもしれません。

しかし、自由診療は文字通りかかる費用についても自由ですから、診療費が高騰する可能性があります。

医療での自由競争

また、今までは政府が薬の価格を低額に抑えていたので、海外では高い薬も日本では比較的安価で使用できました。しかし、TPPに参加すると、薬の価格も自由競争になる可能性があり、おそらく高騰するでしょう。

日本の医療は、どの病院でも同じ費用で同じ治療が受けられることが利点です。しかも、費用の大部分が税金から拠出され、個人の負担は軽減されています。ただ、TPP参加によって自由診療がはじまると、アメリカと比較してそれほどタイムラグなく新しい治療を受けられるようになる代わりに、治療費が高騰する可能性があります。

また、アメリカのように民間の医療保険会社が参入してくることが予想されるため、お金を払える人は良い医療を受けられますが、民間の保険に入れない人は従来の治療が受けられなくなる可能性があります。

医師からのアドバイス

これらの変化はすぐには起きませんが、医療費の高騰を防ぐために従来の保険診療を制限し、民間の保険会社に医療費を肩代わりさせるようになると、最終的には民間の医療保険費が上がり、個人の負担が増え、医療費の高騰を招くことになることが予想されます。

TPP参加による医療の変化は一長一短あるため、一概にこうすればいいと言いきれないですが、ご自身にとって何がどう変わる可能性があるのかを知っておくことが大切ではないかと思います。

(監修:Doctors Me 医師)