9打差での勝利は自身のキャリア最大マージンでの優勝で世界1位に返り咲き(Photo by Thananuwat SrirasantGetty Images)

写真拡大

<女子世界ランキング>
 米国女子ツアー「フボンLPGA台湾選手権」終了時の女子世界ランキングが発表され、10勝到達最年少記録を更新したリディア・コ(ニュージーランド)が、同大会を欠場したインビー・パーク(韓国)を交わし世界ランク1位に返り咲いた。
【関連】米国女子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 日本人最上位は1つ順位を上げて38位とした宮里美香がキープ。44位の大山志保、53位の上田桃子と続いている。また、「マスターズGCレディース」を制したイ・チヒ(韓国)は13ランクアップの57位に浮上した。
【女子世界ランキング】
1位:リディア・コ(12.98pt)
2位:インビー・パーク(12.68pt)
3位:ステイシー・ルイス(8.83pt)
4位:レクシィ・トンプソン(7.67pt)
5位:ユ・ソヨン(6.70pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.26pt)
7位:チョン・インジ(6.09pt)
8位:キム・ヒョージュ(5.92pt)
9位:エイミー・ヤン(5.85pt)
10位:スーザン・ペターセン(5.54pt)
38位:宮里美香(2.55pt)
44位:大山志保(2.42pt)
53位:上田桃子(2.19pt)
57位:イ・チヒ(1.96pt)
59位:成田美寿々(1.91pt)
62位:横峯さくら(1.87pt)
67位:渡邉彩香(1.76pt)
69位:菊地絵理香(1.69pt)
172位:宮里藍(0.71pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>