Doctors Me(ドクターズミー)- この時期から気をつけたい!子どもの「溶連菌感染症」に要注意

写真拡大

冬になると子どもの風邪で流行りやすいものの一つに溶連菌(ようれんきん)感染症というものがあります。溶連菌は主に子どものどに感染し、さまざまな症状を引き起こします。

今回はこの溶連菌感染について、医師から聞いた話をお伝えします。

溶連菌感染症ってどんなもの?

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)と呼ばれる細菌です。溶連菌は主に子どものどに感染し、咽頭炎や扁桃炎また副鼻腔炎や、赤い小さな発疹をともなう猩紅熱(しょうこうねつ)や伝染性膿痂疹(とびひ)といった皮膚に症状がある病気を引き起こします。

【溶連菌の感染経路】
・くしゃみによる飛沫感染
・口や食べ物に触れた手を介する経口感染

かなり感染力が強い菌なので、家族や間や学校内での集団感染が多く見られます。菌の感染力が最も強いのは、症状の出始めの時期です。その後の感染力は弱まっていきます。

【症状】
・高熱が出る
・口の中がいちごのように赤くなる
・くしゃみ
・うみをともなう発疹・皮膚の赤み
・首のリンパ節の腫れ

感染してから発症までは2〜5日程度の潜伏期間があり、突然、発熱します。溶連菌感染している人と接触した数日後に発症することもあるので注意をして経過を見ましょう。

溶連菌感染症の治療

【治療方法】
・抗生物質の服用
・脱水にならないように水分摂取

また、溶連菌感染症の時にほかの風邪と違って、腎臓にダメージを残しやすいという特徴があり、まれに腎臓の機能を悪化させることがあります。治療後にも尿検査などで腎臓に異常がないか診断してもらうとよいでしょう。

医師からのアドバイス

溶連菌感染症、そしてほかの感染症も、最も大切なことは予防です。これからの季節は、外から帰ったら手洗い、うがいを徹底していきましょう!

(監修:Doctors Me 医師)