「絶望応援団ネガティ部」

写真拡大

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は2015年10月27日から、潜入攻略アトラクション「絶望要塞2」のウェブ動画「絶望応援団ネガティ部」4部作をYouTubeで順次公開する。

「絶望要塞2」はオープンから3か月がたったが、いまだ1人もクリアできていない難関アトラクション。このたび挑戦失敗者が10万人を超えたのを機に、挑戦者に"棄権"を促して"挑発"する応援団「ネガティ部」を結成することになった。

男7人組が「夢は絶対かなわない」

この応援団は7人編成。団長の鬼頭大五郎(おにがしら・だいごろう)を筆頭に、アトラクションの順番待ちをする挑戦者たちに、「ヤメロ ヤメロ ヤ・メ・テ・オ・ケ〜」や「夢は絶対かなわない」といった"絶望エール"を送る。

公開される動画は、第1部「絶望応援団―登場」、第2部「絶望応援団―バカップル」、第3部「絶望応援歌」、第4部「校歌」と、それらをあわせたダイジェストの5本。7人はただ挑戦者を罵倒するだけが目的ではなく、

「失敗を繰り返しても、しがみついてあきらめず、好きなだけ絶望すればよい。人は絶望の数だけ強くなれるのだから。今日の絶望が明日をつくる」

というメッセージが込められているのだという。