写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックはこのほど、「女性の手肌の意識調査」の結果を発表した。調査は8月29日〜30日、30代〜40代 の男女800名(男女各400名)を対象にインターネットで行われた。

○女性の老けは「顔・手・首」に出る…

調査ではまず、女性の体のなかで「老けを感じるパーツ」を調べてところ、「顔(78.6%)」や「首(67.5%)」など、目がいきやすいパーツが上位となったが、意外にも「手(67.5%)」も高い回答率となった。女性の「手」は、男性に対しても女性に対しても、大きな印象を与えているパーツになっているよう。

さらに、「手が老けている女性は実年齢より上に見える」と感じる人も75.7%と大多数にのぼり、手肌のコンディションが女性の見た目に大きな影響を与えていることが明らかとなった。

○「ビニール袋が開かない」「食器洗い」で"手の老け"を実感

続いて、女性に「手の老けを感じるシチュエーション」について尋ねたところ、「手が乾燥してビニール袋が開かないとき(49.0%)」が最も多く、続いて「食器洗いをして手が荒れてしまうとき(41.6%)」が2位に。「手」の"老け"は自分の目で見て感じるよりも、手肌の荒れや乾燥などの変化によって感じる人の方が大幅に多いことがわかった。

そこで、食器洗いが手によくないことだと思うか尋ねた結果、なんと9割が「そう思う・ややそう思う(90.6%)」と回答。しかしながら、「食器洗いによる手の荒れを防ぐためにどんな対策を行っていますか?」という質問に対しては、「何もしていない」と答えた人は32.0%と、3割超いることがわかった。

○「同性の友人」から老けを指摘されるのは嫌

次に、女性に「男性と女性のどちらの方が、女性の老けを見破ることができると思うか?」と尋ねたところ、9割以上が「女性(91.3%)」と回答。さらに「自身の老けを誰から指摘されるのが嫌だと感じますか?」と聞くと、未婚既婚に関わらず「同性の友人」と回答した人が多かったものの、自分の「夫(61.1%)」や「恋人(47.6%)」と回答した人も目立った。パートナーに老けを見抜かれるのも嫌ということもわかり、女性の手肌は女性同士の厳しいチェックの目にさらされていることがうかがえる結果となった。

(CHIGAKO)