中国古来の美容食「白キクラゲ」の効果がすごかった!

写真拡大

 今、美容女子の間で「白キクラゲ」なる食材が注目を集めているという。キクラゲとはいわゆる中華料理の食材によく使われている、あのキノコ。しかし、黒キクラゲのほうはなじみがあるが、真っ白なタイプはあまり見たことがないかもしれません。

 実は白キクラゲは黒キクラゲに比べて“高級品”。そして、黒キクラゲよりも美容にいい効果が上乗せされているのだ。そんな美容女子たちを夢中にさせる白キクラゲの魅力とは?その実態について女性誌で活躍する美容ライターに聞いてみました。

「中国で歴史上最も美しいとされるあの楊貴妃が、美しさと若さをキープするために好んで食べていたといわれている食材です。中国では古くから漢方食材としても使われており、美容・健康食だったようですね」

 そんな白キクラゲは保水力が高く、便秘やダイエットにもいいという。美容ライターが続けて話す。

「ある実験結果によれば、白キクラゲにはヒアルロン酸を上回る保水力があるといいます。そのおかげで腸内で便の水分を高めたり、胃の中で膨張して満腹感が得られやすくなったりと、ダイエットにもいい効果を発揮します。また、糖が脂肪として蓄えられるのを防ぐ効果がある点にも注目ですね。ほかにもビタミンB2が豊富に含まれているので、肌、髪、爪などが健康的に育つのをサポートしてくれます」

 そんな白キクラゲ、近所のスーパーにはあまり売っていないようだが、中華食材の専門店やネット販売などでは入手が可能。美の追求者を自負する人は、ぜひトライしてみて!