SW最新作の本ポスターが解禁、ルーク・スカイウォーカーの姿なし。

写真拡大

12月18日に公開となるシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の日本での本ポスターが10月27日、ついに解禁された。

公開まで2か月を切り、厚いベールに覆われていたその姿が徐々に明らかになる中、注目を集めるのは新キャスト、レイ、カイロ・レン、フィンの関係性だ。先日解禁された予告篇で、朽ち果てたダース・ベイダーのマスクに「あなたを受け継ぐ」と誓っていたカイロ・レンは、“ダークサイド”の象徴とも言える赤いライトセーバーを手に圧倒的な存在感を見せる。

ジェダイたちが使っていた青いライトセーバーを手にしているのは、「戦うことに目的を見いだせない」と悩む脱走兵フィン(※ポスターの向かって右側)。そして、カイロ・レンとフィンの中央で両者分かつのはヒロインのレイ。「私は何者でもないわ」と発言していた彼女が手にした武器のようなものの背景では、青とも赤ともつかない光が放たれている。

そして、【目覚めよ―】とだけつけられたメッセージ。果たして3人の関係は? “フォース”の覚醒を予感させる【目覚めよ―】のメッセージは、レイ、カイロ・レン、フィンのいずれかに向けられたものなのか? それとも3人全員へのメッセージなのか?――。

彼ら3人以外の新キャラクターにも注目だ。メタリックに輝くキャプテン・ファズマ(※ポスター下部の中心)、“X-ウイング”の名パイロット ポー・ダメロン(※ポスターのファズマの上)、人気急騰中の萌えドロイド BB-8(※ポスターのポーの左側)もその可愛らいしい姿をみせている。

そして、シリーズファンも大喜びであろうハン・ソロとレイア、チューバッカの姿も。もちろん「スター・ウォーズ」を象徴する人気のドロイド、C-3POとその相棒R2-D2も登場。シリーズの不朽のキャラクターたちが登場する中、“ルーク・スカイウォーカーの姿が見つからない”事すらもファンの期待を煽ってしまう。

また、BB-8の上部の見慣れないキャラクター、そして背景に浮かぶデス・スターとは異なる姿の要塞など、さらなる憶測を呼びそうだ。

ルーカスフィルム共同会長でプロデューサーのキャスリーン・ケネディは本作について「テーマは『家族の物語(サーガ)』であり、家族が世代を経るごとに繰り広げられる『愛と喪失』のドラマです。これは、今までのエピソードの単なる続編ではありません。(スター・ウォーズを)観たことがない人にはシリーズの始まりの物語であり、あらゆる人に、『スター・ウォーズ』の新たなる世界を切り開く作品、それが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』です」と説明している。

予告編そしてポスターに登場したキャラクターたちの家族についての憶測は様々に飛び交っており、その興奮はさらなる熱狂となりそうだ。

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は12月18日(金)18時30分、全国一斉公開。