ディカプリオが動物の死体の中で眠る、バイソンの生の肝臓も食べた。

写真拡大

レオナルド・ディカプリオが新作「ザ・レヴェナント」の中で、動物の死体の中で眠るという迫真の演技を行ったようだ。

同作の中で、熊に襲われ死にかけているところを置き去りにされたことで、共に仕事をしていた仲間たちに復讐を誓う毛皮猟師の役を演じているディカプリオは、カナダとアルゼンチンで行われた9か月の撮影の間に、今まで経験したことのないような難しいことに挑戦しなくてはならなかったと語っている。

「今までやらなくてはいけないことの中でも最も難しかったことが30から40くらいあったよ。例えば凍りつくほど冷たい川の中を出たり入ったりしなくてはいけないとか、動物の死体の中で眠るとか、撮影の中で今まで食べたことのないモノを食べなくてはいけなかったりとかね。撮影中ずっと寒かったから低体温症状態だったよ」

さらにディカプリオはインタビューの中で、作品内で見られる自身の多くのリアクションは本物であると続け、「当たり前だけど、普段からしょっちゅうバイソンの生の肝臓を食べたりすることなんてないんだ。みんなこの作品を見たら僕がリアルにどんな反応をしたのか見ることが出来るよ。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督はその反応も作品の中に入れているからね。それが全てを語ってるよ。本能的な反応だったからね」と話している。

そんな恐ろしい経験をしたディカプリオだが、トム・ハーディやドーナル・グリーソンらと共演したこの作品に出演したことは全く後悔していないようで、「最近の作品の中でみんなが見たことのない最もユニークな作品になるはずだよ」と自信を語った。