メッセージをギフトに!MoMAデザインストアに新作クリスマスカードがまもなく登場

写真拡大

木々が色づき、秋が深まりを感じるのもつかの間、街では少しずつクリスマスの準備が始まっているよう。そんな中、ニューヨーク近代美術館のミュージアムショップ「MoMA DESIGN STORE(モマデザインストア)」では、2015年11月5日(木)からホリデーシーズンの新作カードが登場するのだとか。アート目線で厳選された今どきのアイテムを取り扱う同店なら、きっと素敵な1枚が見つかるはず! 今年はどんなアイテムが注目なの? 

「今年は、立体的なカードを数多く用意しています。ここ数年人気のフランスのデザインチーム、A+B Designs(エース プラス ビー デザイン)などによるもののほか、全部で20種類が店頭に並ぶ予定です」と、同店PRの望月さん。

写真のクリスマスカード「MoMA クリスマスカード,オー クリスマスツリー」(351円)は、米国の人気絵本作家David A. Carter(デビッド・A・カーター)さんのデザイン。カーターさんは、『How Many Bugs in a Box』をはじめ、600万部以上を売り上げた虫が飛び出す絵本シリーズで有名で、その著作は『New York Times(ニューヨークタイムス)』紙のベストセラーリストでも常連なんだとか。
カードは単品(351円〜)のほか8枚セット(2808円〜)もあり、すべて封筒付き。どれもスマートな遊び心を感じるデザインで、カードを開くと、雪の結晶や花束などが飛び出してくる。そこで、もらったらうれしくなってしまいそうなラインナップから、特に人気のカードをご紹介。

写真の「MoMA クリスマスカード,トナカイ & ソリ」(351円)は、フランスのデザインチームの「A+B Designs」のデザインによるもの。

「それぞれの魅力があるのでおすすめですが、『トナカイ&ソリ』は、そのかわいらしさが人気です。テーブルやキャビネットの上に飾ると、クリスマス気分を盛り上げてくれます」(同)

キュートな彼らのカードはもう1種類あって、そちらはスノーマンがモチーフとか。


また、大人向けの飛び出す絵本なども制作している若手ドイツ人女性デザイナーMaike Biederstadt(マイケ・ビアスタット)による「MoMA クリスマスカード,スノーフレーク」(405円/タテ15.9cm×ヨコ11.4cm)も注目の1枚。シンボリックな雪の結晶のマークが付いたカードを開くと、結晶が飛び出してくる仕掛け! このほか、花束がモチーフのカードなど、やさしく女性らしい美しさがあるのが彼女の持ち味だそう。


ちなみに、MoMAでは、1954年から「MoMAのホリデーカード・プログラム」を開始。新進気鋭のアーティストやデザイナーがデザインしたカードを毎年販売するのが、今や伝統の恒例行事に。毎年新作を楽しみにしているファンも多いのだとか。

「Andy Warhol(アンディー・ウォーホル)や、ニューヨークの街角にある彫刻『LOVE』の作者Robert Indiana(ロバート・インディアナ)など、今では著名なアーティストたちも、無名の時代にMoMAのホリデーカードをデザインしているんですよ」(同)

そんな伝統で受け継がれてきたカードだと知ると、ますます興味深くなってくる! 11月、表参道に行くならストアに足をお運んでみて。贈る相手をイメージしながらチェックするだけで、カード選びも楽しくなるはず。