ニューカッスル、コロッチーニの退場処分についてFAへ上訴

写真拡大

▽25日に行われたプレミアリーグ第10節サンダーランドとのタインウェア・ダービーで0-3と敗戦を喫したニューカッスル。前半アディショナルタイムに元アルゼンチン代表DFファブリシオ・コロッチーニへ出されたレッドカードについて、ニューカッスルはイングランドサッカー協会(FA)に上訴するようだ。クラブ公式サイトが発表した。

▽問題となっているシーンは前半47分。コロッチーニがサンダーランドのFWスティーブン・フレッチャーを倒し、PKを献上。さらに、コロッチーニにはレッドカードが提示されていた。ニューカッスルはこのPKで1点ビハインドとなり、数的不利となった後半2点を追加され、0-3で敗戦している。

▽ニューカッスルのスティーブ・マクラーレン監督は試合後に「主審が2つの間違いをしたと感じる」とPK、そしてレッドカードの判定についてコメント。クラブも判定を不服とし、FAに処分取り消しの訴えを起こしたとのことだ。この訴えについては27日(火)の午後に審議がなされるとのこと。