新井浩文

写真拡大

ドラマ『インディゴの恋人』が、2016年1月27日にNHK BSプレミアムで放送される。

【もっと画像を見る(8枚)】

同作は、NHK岡山放送局が初めて地元を舞台に制作するドラマ。岡山・倉敷を舞台に、ジャズピアニストの夢を諦めてデニムの加工職人となった原田健二と、市内の美術館に育成アーティストとしてやってきた画家の野中みゆきが互いに惹かれ合っていく姿を描く愛の物語だ。

事故死したシングルマザーの姉が遺した娘を育てるために夢を諦めた健二を演じるのは新井浩文。誰にも言えない過去を抱えて生きるみゆき役を映画『逃亡くそたわけ 21歳の夏』、ドラマ『人間昆虫記』などで主演を務めた美波が演じる。共演者には岡田義徳、山口まゆ、青山草太、久保田紗友、片岡鶴太郎が名を連ねている。

脚本はドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』『ダークスーツ』などを手掛けた荒井修子が担当。音楽は映画『ゴジラ』や大河ドラマ『功名が辻』『秀吉』の小六禮次郎、演出を泉並敬眞が手掛ける。