レヴァンドフスキに並んだオーバメヤン「彼のように続けていく」

写真拡大

▽ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、25日に行われたブンデスリーガ第10節のアウグスブルク戦でハットトリックを達成。今シーズンの公式戦におけるゴール数を20得点の大台に乗せたオーバメヤンが喜びのコメントを残した。ブンデスリーガの公式サイトが同選手のコメントを掲載している。

▽22日に行われたヨーロッパリーグのガバラ戦で3得点を記録したオーバメヤンは、25日のアウグスブルク戦でも3得点を挙げ、2試合連続でハットトリックを達成。今季の公式戦における得点数を20点の大台に乗せた。

▽試合後、好調の要因を尋ねられたオーバメヤンは、「わからないよ。練習からベストを尽くそうとしている。家で休んでいるときもね。僕らは3日おきに試合があるから、睡眠や食事はとても重要なんだ」と述べ、休養の重要性を強調した。

▽また、ブンデスリーガにおけるゴール数も13となり、得点ランキングで首位を直走っていたバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに並んだ。その現状に関しても言及し、さらなる高みを目指して邁進することを誓った。

「現時点でレヴァンドフスキは世界最高のストライカーの1人だ。僕は彼のように続けていくよ。僕にできることはトライし続けることだからね。彼と共にブンデスリーガのトップスコアラーになれてうれしいよ」