インスタの幸せ家族写真はただの演出?リース・ウィザースプーン離婚秒読み
『キューティ・ブロンド』『メラニーは行く!』のキュートで前向きなヒロイン役が印象的。アラサー以上の世代にはラブコメ女王としての印象が強く、女性ファンの多いリース・ウィザースプーン(39歳)。

 410万人のフォロワーを持つ彼女のインスタグラムには、家族との幸せそうな写真が溢れていて、「リースみたいな人生を送りたい」と願う女子は世界中にいるようです。

 しかしその実、夫で大手タレント事務所勤務の敏腕エージェント、ジム・トス(45歳)との夫婦仲は常に“崖っぷち”だ、という噂が根強いのをみなさんはご存じでしょうか?

◆再婚相手は救世主!

 リースが今の夫ジムと結婚したのは2011年、俳優のライアン・フィリップ(41歳)との離婚後、5年が経った頃。

 当時のリースは、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』の熱演でアカデミー賞主演女優賞を受賞した後にも関わらず作品に恵まれず、出演作品はすべて大コケ。約2年間、アニメの声優以外で映画に出演しなかった時期もあるほど、キャリア的に落ち込んでいました。

 そんな負のスパイラルにどっぷりハマッていたリースが、徐々に役者としての生気を取り戻すのは、まさにジムと出会いから。

 再婚後は、『Mud マッド』『デビルズ・ノット』など地味ながらも評判の良い映画への出演が続き、今夏、日本公開された『わたしに会うまでの1600キロ』では2015年のアカデミー賞主演女優賞候補になり、彼女の演技力が再評価されました。

◆息子優先で2度目のハネムーンキャンセル

 しかし、キャリアが順調に行き始めるのと反比例して、問題視され始めたのがジムとの結婚生活。

 一番の原因とされているのは、子どもに対する考え方の違いのようで、もう一人欲しいジムと、前夫との間に生まれた2人と合わせ、ジムとの間にも息子テネシー君(3歳)を授かり、これ以上は欲しくないリースとの話し合いは平行線を辿っているとか。子どもを作る作らないをめぐって、時には激しい口論に発展するようだと『Life & Style』が報じています。

 さらに、今秋予定していた夫婦水入らずの旅行がキャンセルされたことも大きな痛手。

『Star』によれば、9月27日から予定されていた10日間のイタリア旅行は、最近ギクシャクしていた夫婦仲を改善し、新婚当時のような愛を取り戻すため、久しぶりに子ども抜き、二人きりで行く、いわば2度目のハネムーンのようなものでした。

 ところが旅行直前になって、出発日と息子テネシー君の誕生日が同じ日であることに気づいたリースが大パニック! ジムは誕生会の前倒しを提案したようですが、リースは誕生日当日のパーティを主張して譲らず。結局、旅行をキャンセルしてしまったそうです。

◆女優のインスタはまやかし?

 二人をよく知る友人によると、リースは「カメラの前では何事もうまく行っているように振る舞うのが得意な」根っからの女優気質。夫婦喧嘩中でもカメラを向けられれば、ニッコリ微笑んで夫と子どもたちの手を取り、幸せ一杯のファミリーを演出することができるといいます。

 2度目のハネムーンに夫婦再生をかけていたジムの落ち込みようは相当なもので、もしリースが旅行の穴埋めをしなければ、二人の仲はより険悪なものになるだろうというのが友人たちの意見。「このままでは離婚の危機は回避できない」と『Star』に語っています。

 果たして報道の通り、リースは離婚秒読みなの? インスタグラムで見せる幸せ一杯の写真は作り物なの?

Source:
『Life & Style』http://bit.ly/1W1TeUL
『Star』http://bit.ly/1RldSh9

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)