「走って楽しいクルマ」を目指した新型プリウス

写真拡大

 フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル不正で、結果的に販売台数世界一が盤石となったトヨタ。ところがそんななか発表された四代目となる新型プリウスは、まるで守りの姿勢のない“チャレンジ”に打って出たと、早くも話題になっている。

 これまでのプリウスは、みずからレースカーのハンドルを握る豊田章男社長からすれば「燃費がいいものの、刺激に欠けるクルマ」だったと同社関係者は語る。そして、今回の新型プリウスは章男社長の不満を解消し、「走っていて楽しいクルマ」を目指したという。

 しかし、章男社長は自らの好みだけで方針転換をしたわけではない。その背景には、フォルクスワーゲンとの販売台数競争があった。
 
 トヨタが一時期、部品メーカーに対して「トヨタ車は環境性能以外、VWに負けている」と発破をかけ、関係者を驚かせたことがある。もちろん、VWのディーゼル不正問題が発覚するよりずいぶん前の話だが、意外にも、トヨタは基本的なクルマ作りでVWに負けているという現状認識をもっていたのだ。
 
 そこで、2011年3月にトヨタが導入を発表したのが「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という、「もっといいクルマ」を作るための新たな自動車の開発・生産の取り組みだった。
 
 章男社長の指揮の下、開発現場では、ベンツやBMW、VWなど欧州メーカー車の走行性能が高い理由を徹底的に分析したという。それにより、エンジンの搭載位置や乗員の着座位置など、前後・左右・上下の重量配分が絶妙で、物理的にクルマが安定する設計になっていることを突き止めた。さらに、クルマのタイプ別に最適な設計をしたプラットフォーム(車台)を数種類用意し、転用することで、部品の共通化を進めてコストダウンをはかっていることも判明した。
 
 そこで、TNGAでは、トヨタのラインナップを4タイプに分け、最適な重量配分を施した4種類のプラットフォームを設計した。従来よりエンジンの搭載位置が下がって低重心になり、安定性が高まったという。

 このTNGAの第一弾が、四代目プリウスである。つまり、アクセルやブレーキのレスポンス向上だけでなく、車体そのものの基本設計から刷新された新時代のトヨタ車ということだ。第二弾は次期カムリとされ、今後、TNGAによる新型車が続々と登場するはずである。
 
 トヨタは2014年まで3年連続で販売台数世界一を達成したが、VWが猛追し、今年の上半期はトップを譲っていた。しかし、販売台数世界一にこだわったVWは、クリーンディーゼルでトヨタを超えようとして墓穴を掘った。
 
 一方の章男社長は、販売台数世界一について問われると、「台数はついてくるもの」と答える。本音はともかく、世界一にはこだわらないという姿勢を貫いている。それよりもよく口にするのが、「もっといいクルマ」だ。
 
「章男社長のいう『もっといいクルマ』というのは、原点に回帰せよという意味。社長就任会見で、トヨタの原点は、お客様第一主義のクルマ作りだといっている。自動車産業の今後のキーワードは『環境』と『安全』で、安全を実現するのが『自動運転』ですが、自動運転ではクルマを楽しめない、お客様に走る楽しみを提供するのがトヨタの役割だと考えているのでしょう」(佃モビリティ総研代表・佃義夫氏)

 トヨタも他社と同様、自動運転車を次世代技術として開発しているが、同時に、ハンドルを握って楽しいクルマも作るということだ。台数にこだわったVWと技術にこだわったトヨタの明暗が分かれた格好だ。

※週刊ポスト2015年11月6日号