竹内結子最新作『残穢』を見た観客の評価は?「東京国際映画祭コンペ作品」“満足度ランキング”速報レポ【第3回目】

写真拡大

中盤戦に突入した「第28回東京国際映画祭」。10月25日(日)は休日ということもあって多くの人々が会場に足を運んだ。コンペティション部門では日本から出品されているサスペンスホラー『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』、ブラジルの精神病院を舞台にしたヒューマンドラマ『ニーゼ』、そして、話題のドローンを使って敵を攻撃する米兵の姿を描いた『フル・コンタクト』の3作品が登場。第1回目の上映を終えての観客の感想と評価をチェック!

【特集】「第28回 東京国際映画祭」の舞台裏

3位:『フル・コンタクト』

満足度:73.7

<項目別5段階評価>
俳優:4.8
ストーリー:3.4
音楽:3.7
演出:4.3

オランダ出身のダビッド・フェルベーク監督による本作。砂漠の小屋で画面に向き合い、ドローンを操作して標的を攻撃する米軍パイロットの姿が映し出される。遠隔攻撃による大量殺戮のトラウマが迫力の映像で描き出されるシュールな戦争心理ドラマに仕上がっている。

物語の中で、現実と主人公の精神世界の虚構が徐々に入り混じっていくという展開に関しては賛否それぞれの意見が!

「人を殺し、現実逃避する主人公の姿が生々しく描かれていて興味深い」(25歳・女性)

「導入から、パラレルなのか? 現実の過去なのか? 最後まで見ないとわからない展開で主人公が女性を見つめる目が印象的でした」(20代)

「ワンアイディアで話の構造が物足りない。ややリアルが足りないのでは?」(50代・男性)

「敵に向かっていくという“コンタクト”が、徐々に人間性に向かっての“フル・コンタクト”に変わっていくところが面白く興味深かった」(66歳・男性)

一方、こうした虚実入り混じった描写の中から、現代の戦争の“リアリティ”が浮き彫りになっていると感じられる点も多々あったようで、演出に対し、称賛の声も多く寄せられた。

「セリフが少ない中で心情がダイレクトに伝わってきました。戦争を経験し、シャワーを浴びながら震えるシーンは印象的でした」(24歳・男性)

本作は10月27日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、10月28日には新宿バルト9にて上映される。

2位:『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』

満足度:83.4

<項目別5段階評価>
俳優:4.7
ストーリー:4.2
音楽:4.5
演出:4.1

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説「残穢」を、『アヒルとかものコインロッカー』、『ゴールデン・スランバー』など伊坂幸太郎作品をはじめ、小説の実写化に定評のある中村義洋監督が映画化。過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、殺人などさまざまな事件を引き起こすというある部屋を巡り、作家の「私」と読者の女子大生が調べていく内にある真相にたどり着き……。

まず、注目すべきは既に原作を読んでいたという観客、小野不由美ファンからも高い評価、満足度を得ているという点。

「原作者のファンで、原作を読んでから鑑賞の臨みましたが、ラストの演出を変えて『まだ終わらないのだ』と思わせてくれたエンディングは見ごたえがありました」(29歳・女性)

「原作を読んでましたが、演出がかなり考えられていて満足でした」(25歳・女性)

また、ホラー映画としても、その恐怖描写に絶賛と「怖かった!」という声が多数!

「音がリアルで劇場で見てよかった。最後に全てがつながる瞬間はゾッとしました」(16歳・女性)

「興ざめするようなシーンはなく、深層心理に刺さるような心理的な恐怖があり、ラストシーンも印象的でした」(40代・女性)

「“穢れ”の連鎖に驚き、いろいろなものが1本につながっているという恐怖がありました51歳・男性)

観客の中には竹内結子のファンで、彼女の主演作だからこそ足を運んだという人も多かったよう。「メガネの竹内さんがおきれいでした」と称賛しつつ、映画のあまりの恐怖に「竹内さんには今後、ホラー映画への出演は控えてほしい」(30代・女性)、「竹内さんは素晴らしかったけど、もう見ません! 怖すぎる」といった声も!

昨年の『紙の月』の宮沢りえに続き、日本人女優の2年連続の女優賞獲得なるかも注目したいところ。竹内さんがホラー映画主演で女優賞受賞となれば快挙だが果たして……?

尚、本作は10月27日に新宿バルト9にて、10月29日にはTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて上映される。

1位:『ニーゼ』

満足度:88.8

<項目別5段階評価>
俳優:4.3
ストーリー:4.2
音楽:3.8
演出:4.4

実在した女性精神科医を題材にした本作。ショック療法が正しいものとされ、暴れる患者を人間扱いしない精神病院に着任した女医・ニーゼが周囲の“常識”に挑み、勇気を持って男性社会の壁と戦うさまが描かれる。

感想では、過去を描きつつも、実は現代の日本の社会と重なるという感想と高い称賛が数多く寄せられた。

「自分自身も鬱になって会社をやめた経験があり、感銘を受けました。映画を通じて偏見が薄まり、鬱を患った人への理解が深まれば」(52歳・男性)

「このテーマを真摯に扱う映画は珍しいと思います。何かを過剰に表現するのではなく、ただ生きようとする人々の表情を、きれいに撮ろうとするのではなく、ありのままに描いているように感じました。(20代・女性)

「ナースの姿が現代の老人ホームや病院のいじめや虐待の問題ともダブって見えました」(46歳・女性)

「人を人として扱わなくなっている現代の社会にあって、とても考えさせられる感動的な作品でした」(52歳・男性)

また、実在の人物をモデルにした作品ということに対しても多くの感動の声が。

「精神病患者が普通の人間扱いされていなかった時代に彼らの内面に目を向け、外に開かせた革命的な女性がいたことを知ることができて、大変満足。彼女の成したことが多くの人に伝わればと思います」(31歳・男性)

「興味深い療法であり、当時は画期的だったこの両方を取り入れようとするという部分がとても考えさせられるストーリーになってました」(50代・女性)

「パワフルな作品であり実話であることに驚きました(30代・女性)

実話を元に現代社会にもつながる形で一人の女性の戦い、そして人間の尊厳について描いた点が大きな反響、非常に高い評価につながったようだ。

なお本作は10月27日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて上映される。

いかがでしたか?
「ウレぴあ総研」では、映画祭会期中、終演後の劇場前にて満足度調査を実施中! 引き続き、各日にちごとに「コンペティション部門」を対象に、順位を発表していきます。みなさまの熱いコメントや感想、お待ちしております!