人工衛星DSCOVRから観測する地球:NASAが公式サイトをオープン

写真拡大

米航空宇宙局(NASA)は、「DSCOVR」衛星が観測する地球の素晴らしい画像を、毎日紹介するウェブサイトを立ち上げた。毎日10枚前後の画像がアップロードされる。

「人工衛星DSCOVRから観測する地球:NASAが公式サイトをオープン」の写真・リンク付きの記事はこちら

米航空宇宙局(NASA)は、地球の素晴らしい画像を毎日紹介するウェブサイトを立ち上げた。毎日10枚前後の画像がアップロードされ、太陽に照らされた地球の姿を見せてくれる。

これらの画像は、NASAと米海洋大気庁(NOAA)による「宇宙気象観測衛星」(Deep Space Climate Observatory:DSCOVR)」に搭載されたカメラを使って撮影されたものだ。

DSCOVRは、2015年2月にSpace X社の「ファルコン9」ロケットで打ち上げられた。太陽風のリアルタイム観測や、地球の昼側(太陽光が当たる側)を常時観測し、地球表面からのエネルギーの放射量やエアロゾル、オゾン、雲の動きなどを観測することを目的としている

現在は、地球と太陽の間にあるラグランジュ点(L1)で軌道を回っている。地球からの距離は約160万kmで、太陽と地球のそれぞれの引力によって安定状態が保たれている。

地球はかなり明るいため、画像は20ミリ秒から100ミリ秒の間という非常に短い露出時間で撮影されている。ウェブサイトの画像では、表面の様子を拡大して見ることができるほか、撮影時点の地球に対する衛星の位置もわかるようになっている。

関連記事:超音速機が「空を引き裂く」画像を、NASAはどうやって撮影したのか

TAG

EarthNASAWIRED UK