今季のスピードスケートシーズンが全日本距離別選手権でスタートした。大会初日の10月23日、男子500mは1年間の休養から復帰した加藤条治が3位になったものの、やや低調な内容。そんな雰囲気をがらりと変えたのが女子1500mの押切美沙紀(おしぎり みさき/富士急)だった。

 同じ富士急の先輩である菊池彩花と同走だった押切は、ラストの1周を「滑りはまだ下手くそだけど、自分の長所は最後まであきらめないこと」という粘りを発揮して全選手中最速ラップの32秒50でカバー。菊池を逆転する1分58秒10でゴールした。

 この記録は菊池が13年のこの大会でマークした国内最高記録を0秒02更新するもの。この日唯一、会場が沸いた瞬間だった。

「1分58秒台を目標にしていたけど、まさか58秒前半が出るとは思っていなかったのでうれしい。同走が菊池先輩だったので、最後は追えるという条件も良かった」

 こう話す押切は、ソチ五輪シーズンのW杯前半戦は代表に選ばれず、国内で戦っていた選手だ。だが、年末の代表選考会では1500mで、チームパシュートの主力選手となった高木菜那を抑えて3位に食い込み、五輪代表に選ばれた。そして五輪の舞台では1500mで日本人最高の22位になり、チームパシュートにも出場して4位入賞に貢献した。

 その後の2014−15シーズンの距離別選手権は1500m5位、3000m6位と足踏みをしてしまう。W杯は前半の4戦に出て第1戦と第2戦ではポイントを獲得したものの、第3戦と第4戦は格下のディビジョンBでも9位以内に入れず、年が明けてからは遠征メンバーから外されていた。

 だが今季は、ナショナルチームの男女中・長距離のヘッドコーチにオランダ人のヨハン・デヴィットが就任し、オランダ流の練習になった中で意識が変わり、それまでは他の選手より距離を短くしていた自転車トレーニングも同じ距離をやるようになるなど、持久力にも自信をつけてきた。

 その成果が今大会2日目の3000mでも出た。1500mとは違い、同走の選手とは力の差があって自分でレースを作らなければいけない組み合わせ。

「これまでそういうレースでいいタイムが出たことがなかったので不安だった」という状況だった。それでも最初の300mを19秒87のハイペースで入り、そのまま粘ってラスト1周まで33秒台のラップを維持し、昨年の同大会より6秒以上速い4分10秒64でゴール。菊池と高木菜那(日本電産サンキョー)には上回られたが、2位の高木まで0秒01という僅差の3位になったのだ。

「コーチには加速できるように入れと言われていたし、最初は19秒台もあまり力を使わずに入れたのは良かった。それまでの自己ベストはソチ五輪代表選考会で、3位になった4分12秒30だったので...。自分が苦手とするレース条件で自己記録を出せたのは、今後への自信になります」と笑顔を見せる。

 今回の結果は、今年2月の世界距離別選手権の女子チームパシュートで金メダルを獲得した菊池や高木菜那・美帆姉妹と争った中でのもの。菜那は「昨シーズンの後半戦はチームパシュートも3人しかいなかったけど、4人になればいろいろ試すこともできるし、互いに切磋琢磨できるようになる」と話す。ソチ五輪代表でありながら、昨季はおまけのような形でパシュートメンバーに入っていた押切にとって、自分の力でその座を勝ち取ったことは、大きな前進だ。

 帯広市に近い中札内村生まれの押切は高木菜那と同学年で小学生の頃から一緒に滑っていた仲。駒大苫小牧高校時代は短距離を専門に、高3のインターハイでは500mと1000mで優勝していた。

 ところが富士急に入ると黒岩彰監督の「パワー任せで走るだけのフォームだったので、500mは40秒を切れても37秒台にはいかないし、1000mも1分16秒、15秒、14秒までいくには限界があると思った。それで2年目からは3000mまでやらせてフォームを固めようと思った」という考えで、中・長距離に転向。本人も黒岩監督のアドバイスで、短距離から長距離まで滑れるオールラウンダーを意識するようになった。

「長い距離を覚えさせて滑り込んでからまた短距離に戻す、ということが必要だと思ってやらせたが、力の使い方やタイミング、スケートを滑らせることを覚えてきたのが今1500mでいい結果につながっていると思います。これで本格的に短距離まで戻せるようになったら、かつての橋本聖子さんのような本物のオールラウンダーにもなれると思う」

 こう言って押切を高く評価する黒岩監督は、今季の彼女を「スケートに対する考え方がスマートになってきて、人のアドバイスを素直に受け入れるようになった。それにナショナルチームのデヴィットコーチの指導を受けながらも私のところにいろいろ相談やアドバイスを求めるなど、これまでより貪欲になった」とも語った。

 押切はその変化を、「デヴィットコーチとは言葉もうまく通じないので大変だけど、言うことをよく聞くようにしています。そういう風に環境が変わったことで、自分が今まで黒岩監督に甘えていたことに気がついたんです。以前は監督に何でもぶつけるだけだったけど、そこは変わりたいと思いました」と説明する。精神面での自立も意識し始めたのだ。

「まだ世界との差はあるけど、少しずつ自己ベストを縮められている状態だから、その差をもっと縮められるように頑張りたい。ソチはまだ実力が足りなくて出ただけで終わったけれど、次の平昌五輪は戦える選手になって行きたい」

 こう話す押切は現在23歳。これからは1000mでも戦えるようになりたいという彼女に、黒岩監督は「ちゃんとやれば、これからの6年間は日本の中心選手になって戦える素質を持っている選手。平昌では入賞を狙えるようにして、その次の北京ではメダルを狙えるまでにしていきたい」と期待を寄せる。

 やっと開花し始めた押切が、日本女子中・長距離のレベルアップを担うキーポインタ―として成長する片鱗を、この大会ではっきりと見せた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi