写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクスは10月26日、BCM(Body Control Module)、車載エアコン、パワーシートなどの車載制御システム分野向けに、低消費電力16ビットマイコン「RL78/F15シリーズ」を開発したと発表した。

同シリーズは、同社の16ビットマイコン「RL78ファミリ」の車載向けシリーズ「RL78/F13」および「RL78/F14」と完全互換となる高機能シリーズ。新たに144ピンパッケージもラインアップしたほか、48ピン以上のパッケージには最大512KBのフラッシュメモリ搭載品も用意。シリーズとして36品種を用意しており、従来2シリーズと併せて20ピンから144ピンまで127品種がラインアップされることとなる。

また、CANを2チャネル搭載しているため、制御用と診断用の通信としてそれぞれ独立にCAN通信が可能なほか、ハードウェアLINを最大3チャネル搭載に加え、IE BUSしているため、BCMのような通信の集中制御用途や、カーオーディオ用途にも応用が可能となっている。さらに、ピン互換のほか、ソフトウェアの互換性も有しており、将来の機能拡張を見据えたマイコン選択も可能となっている。

なお36品種は即日、順次サンプル出荷が開始されており、量産は2016年7月より開始する予定。サンプル価格は48ピンパッケージ/内蔵フラッシュメモリ512KB品で700円(税別)となっており、2017年7月にはシリーズ合計で月産100万個を計画しているという。