写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECソリューションイノベータは10月26日、プッシュ型情報配信システム「NEC スマートデバイス連携(ビーコン活用情報配信)」を販売開始した。価格は税別で年間132万円(1ライセンスでビーコン20個まで検知可能)。

同システムは、配信したい情報をコンテンツマネジメントシステム(CMS)に登録することにより、ビーコンを検知したスマートデバイスに配信する。

例えばテーマパークで、当日のイベントの変更情報をタイムリーに来場者に配信し、効果的な集客につなげるなど様々な施設に配置したビーコンごとに配信対象を設定できるため、必要な情報を必要な場所に配信することが可能だ。

また、CMSを使うことでスマートデバイスごとに最適化された高品質なWebコンテンツを作成し、iOSおよびAndroidいずれにも対応しているため、幅広い利用者に情報を配信できる。

同社では観光地や商業・娯楽施設、工場、物流拠点などにおける情報配信を支援するとともに、市民や観光客等へのサービス向上を実現し、5年間で150ライセンスの販売を目指す。