Facebookは、あなたの「笑い方」をよく知っている

写真拡大

ネット上で「笑い」を表現するとき、顔文字を使うのか、文字で書くのか。フェイスブックがその実態を詳しく調査した。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「Facebookは、あなたの「笑い方」をよく知っている」の写真・リンク付きの記事はこちら
1025wiredusfacebookchart002

2/4

1025wiredusfacebookchart003

3/4

1025wiredusfacebookchart004

4/4

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 1025wiredusfacebookchart001

1025wiredusfacebookchart002

1025wiredusfacebookchart003

1025wiredusfacebookchart004

オンライン上で「笑う」とき、あなたは「haha」派だろうか。あるいは「hehe」派? それとも「lol」派? わたしは「lol」をよく使うが、大爆笑の意を伝えるときはキーボードをめちゃくちゃに叩いて、「HAHAHAHhahajakakjahaahkajkjjsdhfkajdsfk」と打ち込む。

フェイスブックの調査チームの投稿によると、「ネット上の笑いは進化している」という。そして彼らは、わたしたちがFacebook上で使うデータを5月末以来分析しているとのことだ。

驚くまでもないことだが、もっともありふれた表現は「haha」で、絵文字がそれに続く。フェイスブックは、それぞれどんな人が使っているかを、次のように調べ上げた。

年齢、性別、地理的な場所と、笑いのタイプと長さに相関があるようだ。若い人たちや女性は絵文字を好み、一方、男性はより長い表現(「hehe」など)を好む。シカゴ、ニューヨークの住人たちは絵文字を好み、一方シアトルやサンフランシスコの住人たちは「haha」などの表現を好む。

ほとんどの場合、人々は単一の「笑い表現」を使い、一方、約20パーセントの人が2つを使い分けている。全体の50パーセントにおいて、絵文字が1つ使われるが、同一の絵文字を5つ以上連続して使うのを見ることは極めて希だ。この内容をより深く知りたければ、彼らが投稿したこちらのブログを。非常に魅惑的な研究だ。

TAG

EmojiFacebookLanguageSNSSocial MediaWIRED US