いま女性が一番気になる病気といえば「乳がん」ではないでしょうか。乳がん検診も混み合っていて予約が取れないほどと聞きます。自分で発見できる可能性もあるということで、セルフチェックしている人も少なくないでしょう。その際、バストに痛みやしこりがあって「もしかしたら乳がんかも」と不安になりますよね。もちろん気になったらすぐ病院に行くべきですが、多くは「乳腺症」の可能性もあります。ここでは、乳がんと乳腺症の症状の違いや、乳腺症の症状を緩和する方法をまとめてみました。

乳腺症とはどんな病気なのか知っておこう!

乳腺は母乳を作る臓器です。乳腺は、生理が始まり卵巣ホルモンが分泌されると増幅し、終わると委縮します。それを繰り返すうちに乳腺の機能や構造に変化が表れるのです。乳腺症の症状として、バストに痛みやしこりが起こります。30代後半から閉経前の女性に幅広く見られる症状で、ホルモンのバランスの乱れが原因なので、特に治療をする必要性はありません。一般的に生理前になるとバストの外側の上方に痛みを感じて、生理が終わると痛みがなくなるという人は、乳腺症の可能性が高いといえます。バストがでこぼこした感じになり、乳首から液体が出る場合もあるようです。

乳がんと乳腺症の違いについて知りたい!

一番の違いは違和感が定期的に起こっているか、継続して起こっているかです。というのも乳がんの痛みやしこりは生理周期と関係なく現れます。外見状の変化としては、バストにえくぼに似た凹みができると乳がんが疑われる可能性が高くなるようです。どちらか判断しにくいのは乳首から液体が分泌するケース。乳腺症の場合も乳がんの場合も液体分泌は起こる可能性があるので注意が必要ですし、すぐに専門医に相談すべきです。

乳腺症にかかると、乳がんになりやすいという見方が過去にはありましたが、最近は否定されてきていますのでそこは心配しすぎないようにしましょう。

乳腺症の症状を緩和する方法はあるの?

ちなみに乳腺症の症状を和らげるためには、食生活や日常生活を見直しが必要です。食生活では脂肪分を減らして、海藻類などに含まれるヨードをたっぷり摂ると良いとされます。コーヒーや濃いお茶などカフェインを含む食品は控えめにしましょう。またできるだけストレスをためないようにして睡眠や休息もしっかり取ってください。ホルモンバランスを整え、PMSや月経痛を減らす生活をしていれば乳腺症の症状も緩和につながるでしょう。


writer:松尾真佐代