「大型門扉フレラインN7型 忍び返しタイプ」の設置イメージ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全4枚)

 三協立山と三協アルミ社は23日、既存の大型門扉・フェンス「フレラインN」シリーズに防犯効果を高めた新製品「忍び返しタイプ」を追加したことを発表した。

 公共施設向けの大型門扉・フェンスで、乗り越えなどによる侵入を抑止する「忍び返し」が追加されたことが特徴となる。

 湾曲の向きは「内忍び」「外忍び」の仕様が用意されており、大型門扉・フェンスともに高さ1,000mmから3,000mmまで7段階から選択できる。門扉の幅も4サイズと、豊富なバリエーションを備える。また、大型門扉には、かんぬき錠とシリンダー錠を標準装備。

 価格は、忍び返しタイプ門扉が、幅1,100mmx高さ2,500mmで433,400円(税・搬入費・施工費別)、同形状の大型フェンスが、幅2,000x高さ2,500mmで80,500円(税・搬入費・施工費別)など。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI