スター・ウォーズ100人仮装行列、「カワサキ ハロウィン 2015」で。

写真拡大

ハロウィンイベント「第19回カワサキ ハロウィン 2015」が10月25日に行われ、映画「スター・ウォーズ」の仮装者100人が一堂に会した“スター・ウォーズパレード”が開催された。

今回、「第19回カワサキ ハロウィン 2015」のメインイベントとして行われた“スター・ウォーズパレード”の出発式では、青森ねぶた祭りに登場した「スター・ウォーズねぶた」4台が関東に初上陸してお披露目。そしてジェダイの騎士に扮した福田紀彦川崎市長の挨拶などのあと、ライトセーバーでテープカットという粋な演出に、見物客からも歓声が上がった。

パレードには「スター・ウォーズ」のキャラクターに仮装した100人が集結。まるで映画の中から飛び出した仮装者達の姿を捉えようと、70台を越えるテレビカメラ(スチールは60台)が集まり一斉にパレードを撮影、ストロボの明滅も止まらぬ中、マーチングバンド、コスプレイヤー、ねぶた4台が揃った、約200人(全長100メートル)の隊列が闊歩した。

さらに最新作への期待の表れかのように、レイ、カイロ・レン、BB-8、キャプテン・ファズマなど、最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の仮装をした参加者も多数登場。このパレード見たさに溢れ返った見物客はカワハロ史上過去最高の約12万人にも上り、その迫力と完成度の高さに驚きの声を上げていた。

マーチングバンドによるおなじみのメインテーマ、帝国のマーチが鳴り響く中、仮装者たちは沿道に手を振りながら各々が「スター・ウォーズ」のキャラクターになったかのように堂々と練り歩き、盛大な拍手を浴びてパレードは終了。終了後には参加者同士で写真を撮り合うなど、同じ時間を共有した喜びを噛みしめている様子だった。

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は12月18日(金)18時30分、全国一斉公開。