レーティング:フィオレンティーナ 1-2 ローマ《セリエA》

写真拡大

▽セリエA第9節のフィオレンティーナvsローマが、25日にアルテミオ・フランキで開催され、アウェイのローマが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽フィオレンティーナ採点

GK

12 タタルサヌ 5.5

失点はいずれもノーチャンス。安定したプレーぶり

DF

32 ロンカーリア 5.5

得意のミドルシュートを積極的に狙う。守備はややラフだった

2 ゴンサロ・ロドリゲス 5.5

高精度のフィードでチャンスを演出。守備も堅実だった

(→ババカル 6.0)

2度目の決定機をきっちり決めた

13 アストーリ 5.5

古巣相手に集中力を切らさず

MF

16 ブワシュチコフスキ 5.0

攻守にもの足りない出来

(→M・フェルナンデス 6.0)

相手の嫌がるプレーで攻撃を活性化させた

5 バデリ 5.5

中盤でバランスを取っていた

(→ロッシ 5.5)

ゴールへの嗅覚を見せたが、決め切ることはできず

8 ヴェシーノ 6.0

攻守に精力的なプレーでチームをけん引。最後はセンターバックもこなした

10 ベルナルデスキ 6.0

慣れないウイングバックのポジションで攻守に質の高いプレーを披露

FW

72 イリチッチ 5.5

得意の左足でチャンスに絡んだ

9 カリニッチ 5.0

多くのチャンスを得ながらもストライカーの仕事ができなかった

20 ボルハ・バレロ 6.0

ババカルのゴールをアシスト。卓越した技術と戦術眼で存在感

監督

パウロ・ソウザ 5.5

攻撃的な采配で相手を追い詰めるも、あと一歩が足りなかった

▽ローマ採点

GK

25 シュチェスニー 6.0

クリーンシートを逃すも難しい枠内シュートを何度かセーブ

DF

24 フロレンツィ 6.0

ジェルビーニョの決勝点をアシスト。攻守に積極性が光った

44 マノラス 5.5

リュディガーとの連係が悪く。最終ラインのコントロールに苦しんだ

2 リュディガー 5.5

対人対応はまずまずもポジショニングなどの戦術面を改善したい

3 ディーニュ 5.5

前半はブワシュチコフスキに好対応も後半はM・フェルナンデスに苦戦

MF

15 ピャニッチ 5.5

自らの持ち味が発揮しにくい展開だったが、十分に仕事をこなした

(→トロシディス -)

16 デ・ロッシ 5.5

強行出場も前半半ばに負傷交代

(→ヴァンクール 5.5)

対人の強さを生かした守備で逃げ切りに貢献

4 ナインゴラン 6.5

先制点の起点となるなど、ソリッドな守備で勝利に貢献

FW

27 ジェルビーニョ 6.5

決勝点を記録。異次元のスピードで攻守にチームを助けた

(→ギョンベル -)

9 ゼコ 6.0

本調子ではない中でも前線でのボールキープや守備で貢献

11 サラー 6.0

古巣相手に先制ゴールを奪取。やや厳しい判定で退場に

監督

ガルシア 6.0

割り切った戦いできっちり勝ち切った。4連勝で首位浮上

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ジェルビーニョ(ローマ)

▽開幕からの好調を継続し、見事なドリブル突破から決勝点を記録。また、その快足を守備でも生かして献身的にチームを助けた。

フィオレンティーナ 1-2 ローマ

【フィオレンティーナ】

ババカル(後49)

【ローマ】

サラー(前6)

ジェルビーニョ(前34)