話題の映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」の期間限定コラボカフェに注目

写真拡大 (全3枚)

シリーズ600万部を突破している人気作家・有川浩氏の作品『図書館戦争』は、読んだ? このシリーズを映画化し、現在大ヒット公開中の『図書館戦争 THE LAST MISSION』とのコラボレーションから生まれた期間限定の「カミツレ cafe」が、おしゃれなレンタルオフィス「the SOHO」1Fにあるカフェ「the Canteen(ザ・キャンティーン)」にポップアップ。10月30日(金)までの間、店内には映画のポスターや小説、コミックが展示されているうえ、前作の映画「図書館戦争」の映像も流れていて、図書館戦争の世界観に浸りながら食事ができるのだとか。作品の世界観を元に考案された特別メニューは6種類。そこで、担当の内田さんに話を聞いてきた。

写真)「カモミールハニー フレンチトースト -林檎のキャラメリゼで-」(880円)

今回のメニューのキーワードは、店名にもなっている“カミツレ(=カモミール)”。物語の中で堂上篤(岡田准一)や笠原郁(榮倉奈々)が所属する図書隊のシンボルマークにも使われている花がキーアイテムにもなっている。

オリジナルクッキーを添えた「カミツレcafeのカモミールティー」(650円)は人気No.1なのだとか。
カモミールを使ったティータイムにぴったりのメニューも、ふわふわ食感の「カモミール シフォン ケーキ」(850円)、「カモミール コーディアル ソーダに、綿あめをのせて」(650円)など、さまざまに登場。

「中でも、『カモミールハニーフレンチトースト-林檎のキャラメリゼで-』がおすすめです。カモミールの風味を加えたはちみつと林檎の相性がクセになる、シェフ自慢の一品です」(同)

また、ランチタイムには、「アボカドシュリンプのサンドイッチ -カミツレのドライフラワーを添えて-」(1200円)を。小エビをアボカドペーストで包み、カモミールの甘い香りが広がる華やかな味わい。


映画の舞台にちなんで水戸納豆をトッピングする「図書隊徽章お好み焼き」(850円)は、図書隊の徽章をかたどったもなかが飾られているのが特徴。

「10月の4日(日)と5日(月)には、前作の映画とドラマ特別企画の放送に合わせて、パブリックビューイングイベントを開催し、両日満席ですごく盛り上がりました。ぜひ、この機会にお立ち寄りください」(同)

話題のコラボカフェということもあるし、オリジナルメニューを味わえる期間も残すところあとわずか。気になる女子はさっそくお店に足を運んで。

写真/(c)2015“Library Wars -LM-”Movie Project