わさび醤油で食す「和の牛カツ」

写真拡大

京都の"行列のできる"牛カツ専門店「京都勝牛」が2015年11月、東京での初出店を果たし、千代田区内3か所で順次オープンする。17日に小川町店(田美土代町)、20日にヨドバシAkiba店(神田花岡町)、30日に竹橋パレスサイドビル店(一ツ橋)。小川町店ではオープン前2日間、15、16日に、看板メニューである「牛ロースカツ膳」を半額以下の500円(税別)で提供するシークレットオープンイベントを開催する。

「京都勝牛」"先陣"小川町店ではシークレットオープイベント

「京都勝牛」は、飲食店経営のゴリップ(京都市)が運営。京都3店舗、名古屋に1店舗がある。サシの入った厳選部位にキメ細やかな衣を薄くまとわせ、柔らかなミディアムレアに仕上げたサクサクをわさび醤油食べる「和の牛カツ」を提供している。

専門店ならではの味を追及し、揚げ方や時間にこだわり60秒で揚げるのも特徴。わさび醤油のほか、山椒塩、特製ソース、和風カレーつけ汁と4通りの「勝牛」ならではの味わい方を提案している。

東京進出の最初の店舗である「京都勝牛 小川町」では、グランドオープン前の15、16日の2日間限定でシークレットオープンイベントを開催。看板メニューである、通常1280円(税別)の「牛ロースカツ膳」を、数量限定ながら半額以500円(同)で提供する。両日とも、11時から14時(ラストオーダー13時30分)まで。