松村道央、かわいい息子の前でツアー5勝目!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ブリヂストンオープン 最終日◇25日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースで開催された、国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」は松村道央が最終日を1イーグル・4バーディ・2ボギーの“67”で回りトータル9アンダーで逆転優勝した。
大会4日間をフォトギャラリーで振り返る!
 東京湾にかかるアクアラインも強風のために通行止めになるなど、早くも冬を感じさせる木枯らしが吹き荒れたこの日の関東地方。袖ヶ浦CCがある千葉では11時45分に最大風速15.7メートルを観測した。3日目とは真逆に吹いた風と、硬く締まったグリーンが大混戦を演出していく。最終組も片山晋呉がダブルボギースタート、堀川未来夢も4ホールで3つスコアを落とすなど最終組も苦しい戦いが続いた。
 そんな中首位とは4打差。最終組の2つ前から出た松村は淡々と上位をうかがっていた。「この風なら3アンダーくらいでも追いつく感じがした。耐えるだけじゃなくてチャンスがきたらバーディを獲っていってやろうと」。13番のバーディで首位と1打差。そして、ハイライトは16番パー5だ。
 左にほぼ直角に曲がるパー5。約240ヤードのセカンドはアゲインストの中、グリーン左手前まで運び、カップまでは約12ヤードを残した。「ライも良かったしほとんど切れない上りの真っ直ぐのラインだったので、気持ち的には狙っていこうと」。58度のウェッジで放ったボールは思い通りのラインに乗ってカップに消えた。これで一気に単独首位。結果的には優勝を決めた一打となった。
 今大会は心強い応援もあった。都内にある自宅からコースは1時間ほど。この日も妻の香織さんと長男の羚央(れお)くんが駆けつけていた。ツアー5勝目にして初めて挙げた息子の前での勝利に「多分記憶にないでしょうけど、大きくなったら映像を見せられたらいいですね」とはにかんだ。
 ところで、この日の最終組では自身と同じ日大出身である、片山と堀川の師弟対決が注目を集めていた。「後ろはバチバチやってるなという感じ」と気にすることはなかったが、ちょっとだけジェラシーもある。
 「毎週食事にいったりして、堀川くんが片山さんにあれだけ気に入られてるのがちょっとうらやましい(笑)」。自身も谷口徹ら先輩達に面倒を見てもらうなど、“いじられキャラ”を自認するが、「堀川くんも先輩たちにいじられてるじゃないですか」と同じものを感じている様子。大学だけでなく、ツアーでのいじられの先輩としても気になる存在となりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>