稲森が首位へ浮上!堀川は追う立場に(撮影:ALBA)

写真拡大

<ブリヂストンオープン 最終日◇25日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー『ブリヂストンオープン』の最終日は混戦模様。全選手がハーフターンを終え、2打差に5人がひしめいている。
国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る
 1打差の2位タイからスタートした稲森佑貴が前半1バーディ・2ボギーでトータル7アンダーに落とすも、首位スタートの堀川未来夢が序盤で崩しトータル6アンダーにしたため、稲森が単独首位で前半を折り返した。
 堀川と並び1打差の2位にはキム・キョンテ(韓国)と松村道央が並ぶ。続くトータル5アンダー5位にはアダム・ブランド(オーストラリア)。続くトータル4アンダー6位には片山晋呉と小林伸太郎の2人がつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>