歯科医院「デンタルみつはし」の三橋純院長

写真拡大

 世田谷区・下高井戸にある歯科医院「デンタルみつはし」は、"見える治療・診る治療"をコンセプトに、患部を肉眼の約30倍で拡大できる歯科用顕微鏡をいち早く取り入れた最先端の歯科治療を行っている。

 歯科用顕微鏡の日本での普及率は、まだ約3%程度。院長の三橋純氏は、その普及にも情熱を注ぎ、複数名の認定医により構成される任意のグループ「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」の設立発起人の一人となり、導入を検討する歯科医院へ向けた無料セミナーを定期的に開催したりしている。

 歯科用顕微鏡は、肉眼では確認できないような小さな虫歯が早期に発見できるほか、補綴(被せもの)治療も、わずかな隙間をも生じさせず、正確で精密に行える。また、診療中の口腔内の様子を患者に見せながら診療が行えたり、治療経過を録画して後日の診療にいかすことも可能だ。普及が進めば歯科診療の質を大きく向上させることができる。

顕微鏡治療をはじめたきっかけ

 新潟や東京・大田区などで歯科医師としてのキャリアを積んだ三橋氏が、下高井戸に「デンタルみつはし」を開業したのは2000年。顕微鏡自体に会ったのは開業5年前の1995年、ウィーン大学の歯学部に勉強会で行った時に見たのが最初だった。翌年、東京歯科大学の中川寛一氏(現・教授)が開いた歯科用顕微鏡についてのセミナーに参加し、さらに興味を持った。しかし、すぐに導入というわけにはいかなかった。

 「当初はピンとこなかったんですよ。顕微鏡のことはわかったけど、そんな細かいことまで知ったところでどうするのって。しっかり噛むとか、そういうことのほうがもっと大事でしょって。でも、そうこうしているうちに開業の時期が近づいてきて、準備を進めるうちに、歯科用顕微鏡の記事を読む機会もあって、これはやっぱり面白そうだなって」

 歯科用顕微鏡を取り扱っていた日本のメーカーは、当時、数えるほどしかなかった。1999年12月、三橋氏は御徒町にあったそのメーカーの一社を訪ねた。家族を連れて上野動物園に行く途中に、小学生の娘たちを同伴させ、改めて歯科用顕微鏡と向かい合った。

 「小学2年生の長女の歯を見たんですよ。まだ生えたての娘の奇麗な歯を、その歯科用顕微鏡で見て、改めて感動したんです。ものすごく奇麗だなって。それまで十何年歯医者をやってきて、毎日のようにいろんな人の歯を見ていたけど、歯をそんなふうに拡大して見る機会はなかなかなかったんです。その時に初めて、今まで見えていたつもりでいたけど、自分は何も見えていなかったんだって思ったんです」

 歯科用顕微鏡を使うことで、歯科医がこれまで知りえなかった部分まで覗くことができる。三橋氏は歯科用顕微鏡の導入を決める。

 「ジャスト・フォール・イン・ラブですよ。実際に自分の目で確かめて、この顕微鏡のある世界の中で仕事がしたいと心から思ったんです。我々は大学の時に、歯のいろんな形を大きなスライドで見てきたりもしたんですけど、いざ臨床現場に入ると、いつも小さな口の中を必死に覗き込むだけ。虫歯らしい箇所を見つけて"ちょっと黒いから削ってみてよ"みたいな感じでね。大学で習って頭の中でだけ理解していたような知識も、顕微鏡を覗くことで、ようやく目の前の光景と一致したような気になりました」

 導入を決めたことで歯科用顕微鏡の可能性に改めて気づいた。

 「歯科用顕微鏡はドクターの目を補ってくれるもの。我々の診察は、外科処置の分野です。決して薬を出して終わりというわけじゃない。現場では、目で見てやることがほとんど。歯科用顕微鏡を導入し、知覚を強化することで、一律に歯科治療の質を上げることができると思うんです」と三橋氏はその必要性を力説する。

 まだ3%程度という歯科用顕微鏡の日本での普及率が上がるとどうなるか? また、メリットは何か? 次回はその点について詳述する。
(インタビュー・文=名鹿祥史)