<フボンLPGA台湾選手権 2日目◇23日◇ミラマーGC>
 米国女子ツアー『フボンLPGA台湾選手権』の3日目は雨が降りタフなコンディション、多くの選手がスコアメイクに苦戦した。しかしそんな中でも世界ランキング2位のリディア・コは8バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“67”でトータル13アンダーに伸ばし単独首位に浮上し、ツアー10勝目に王手をかけた。
 コの世界ランキング1位へ返り咲きに注目が集まる今大会だが、それだけでなくキャリア10勝目もかかっている。これまでのツアー10勝の最年少記録はナンシー・ロペスが持つ22歳と2ヶ月、もし今週で10勝目が達成できれば3歳以上更新されることとなる。2位に4打のアドバンテージをもって最終日を迎えるコ、世界No.1返り咲きとキャリア10勝目は目前に迫った。
 トータル9アンダーのジ・ウンヒ(韓国)、トール8アンダー3位のチャーリー・ハル(イングランド)がコを追いかける。
 また、日本勢は宮里美香と野村敏京がトータルイーブンパーで24位に。横峯さくらはトータル1オーバー33位タイ。そして宮里藍はトータル8オーバーの64位タイで最終日を迎える。
【3日目の結果】
1位:リディア・コ(-13)
2位:ジ・ウンヒ(-9)
3位:チャーリー・ハル(-8)
24位T:宮里美香(E)
24位T:野村敏京(E)他
33位T:横峯さくら(+1)他
64位T:宮里藍(+8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>