優勝圏内に踏みとどまった森田、明日は3打差を追いかける(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<マスターズGCレディース 3日目◇24日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,543ヤード・パー72)>
 兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開催されている「マスターズGCレディース」3日目。首位タイからスタートした森田理香子だったが、4バーディ・4ボギーの“72”で5位タイに後退した。
森田理香子の特選PHOTOは写真館で!
 「前半は長いのが結構入ってくれましたね」と3番は7m、4番は10mを決めて連続バーディ。リーダーボードをにぎわせた。しかし、後半は「良い感じだったのですが、距離が難しくて…」と3ボギー。最終18番では1.5mにつけるも「思ったところに打てたけど最後に変な曲がり方をして」と決められず。最終ラウンドは3打差を追いかけることとなった。
 それでも収穫もあった。「今日はボギーを打った時に苛立ちもあったけど、いつもよりは冷静にできたと思う」と出入りの激しいゴルフにも平常心を崩さずプレー。スコアを大きく落とすことなく、優勝圏内に踏みとどまった。
 「この3日間もったいないのが結構あるので、明日はそういうところでミスしないように。チャンスでしっかりと決められたらと思います」と3日間を振り返った森田。「最終日で難しいところにピンが切られると思うので、守りつつ、攻めつつの“賢いゴルフ”をしていきたい。明日は思い切りやりたいですね」と最終日へ意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>