10月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、第28回東京国際映画祭の招待作品『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』が公式上映を迎えました。出演者の舞台挨拶が行われ、Perfumeメンバーのあ〜ちゃん、かしゆか、のっちと本作を監督した佐渡岳利さんが登壇しました。


(c)Kyoko Akayama

22日に行われたレッドカーペットのイベントでは、三人それぞれデザインが異なるモノトーンのシックな装いで思い思いに楽しんでいる様子が報じられていました。


(C)2015 TIFF

本日も同じくモノトーンスタイルでばっちり決めてくれていました。


(c)Kyoko Akayama

『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』は2014年に開催され、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地を回った「Perfume WORLD TOUR 3rd」の裏側に完全密着したPerfume初のドキュメンタリー作品です。


(c)2015″WE ARE Perfume”Film Partners.

自分たちのことが映画化され、さらには東京国際映画祭へ出品されるなんて、思ってもみない展開だったのではないでしょうか。

あ〜ちゃんは、「東京国際映画祭ってものもよく分かっていなく立ってしまい(笑)。(レッドカーペットも)女優でも何でもないのに歩いていいんじゃろうかって。踊るとかがなくて歩くことに、手持無沙汰というか緊張ばかりが増してしまって、人生で一番緊張しました」と照れ笑い。


(c)Kyoko Akayama

のっちも「映画化と聞いて、すごくうれしかったです。タイトルにPerfumeと入っていますし。やっぱり監督の作品なので、レッドカーペットを監督と歩けたのもうれしかったです」と、監督にも敬意を払っていました。


(c)Kyoko Akayama

Perfumは今年で結成15年、メジャーデビュー10周年の記念イヤーを迎えています。さすが15年やっているという実感がメンバーそれぞれにあるよう。

かしゆかは「レッドカーペットを歩いたときに三人で歩きつつ、しゃべれないので、メンバーで目くばせしながら”ここで立ち止まるのね”とか楽しんでいたのがPerfumeだなあと思いました」と振り返っていました。


(c)Kyoko Akayama

「(レッドカーペットで)TVとかにカメラを向けられると、知らない間に映画のいいところを言っていて、自分すげえ、と思いました(笑)。ちょっとでも映るなら言おうというところ、15年やってきた賜物だなと思いました」とは、あ〜ちゃんの弁。

三人の仲の良さ、そして、息の合った様子がとても伝わる舞台挨拶でした。


(c)Kyoko Akayama

のっちが放った一言「客観的に見て、Perfumeはすごく堂々としているなと思いました(笑)」という言葉に代表されるように、パフォーマンスでの堂々とした姿、しゃべるときの愛らしい姿があいまってPerfumeの魅力になっているんでしょうね。


(c)Kyoko Akayama

映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』は10月31日(土)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショーです。予告編だけでも三人の感動が伝わってくるほどなので、大画面でぜひお楽しみください!