<フボンLPGA台湾選手権 2日目◇23日◇ミラマーGC>
 ジ・ウンヒはフボンLPGA台湾選手権2日目で“69”の3アンダーを記録し、ロレックスランキング2位のリディア・コに1打リード。通算9アンダーで首位の座を守った。2打差の3位には7アンダーでチャーリー・ハルとリン・シユがつけている。
 初日を“66”の6アンダーで回り、首位に立ったウンヒ。29歳の彼女はこの日、背中に張りを感じていたという。
 「今朝、背中に痛みを感じました。」と、ウンヒは言う。「スイング、特にドライバーを使うときに気になります。そのせいでフェアウェイを結構外しましたが、スイングのことは考えないようにしました。とりあえずボールに集中し、昨日のように我慢強くいくことを意識しました」。
 2009年全米女子オープンの覇者は、出だしの2ホールでバーディを奪ったが、ティショットでOBを打った6番パー5でダブルボギー。それでも9番から11番で3連続バーディを決めると、残り7ホールをパーでしのぎ9アンダーでフィニッシュした。
 キャリア10勝目とランキング1位を目指すリディア・コは、それを狙える位置にまでスコアを上げてきた。この日はバーディ7つにボギー2つという内容だった。
 「スロースタートでした。」と、コは言う。「最初の数ホールで良い位置にはつけていたんですが、どれも決められなかった。しかし5番で予想外のパットが決まり、6番と9番で良いショットが出ました。0.5メートルくらいのパットがいくつかあったので助かりました」。
 この日のベストスコアは、前日のジ・ウンヒに並ぶ“66”を記録したスーザン・ペターセン。ノルウェー出身のペターセンは43位タイから7位タイにまで順位を上げ、2015年初勝利を視野に入れた。
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>