音響派SSWジュリア・ ホルター、話題の新作を携え、11月に待望の初来日ツアー決定

写真拡大

11月24日から京都・大阪・東京を巡る来日ツアーを予定している、LA出身のシンガーソングライター、ジュリア・ホルター。彼女の生み出す音楽は、聴いている者を不思議な気持ちにさせる。アルバム4作目となる『Have You in My Wilderness』は、これまでで最も親密な作品となった。が、その音は、やはり謎めいてもどかしく、心地よく不思議だ。(雑誌『WIRED』VOL.18より転載)

「音響派SSWジュリア・ ホルター、話題の新作を携え、11月に待望の初来日ツアー決定」の写真・リンク付きの記事はこちら

Julia Holter | ジュリア・ホルター
ロサンゼルス出身の音楽家。CalArtsで作曲を学んだ後2011年に『Tragedy』でデビュー。2013年にリリースした『Loud City Song』で絶賛を浴び、世界的認知を得る。CalArts時代の同窓であるテクノ・アーティストのローレル・ヘイローや現代音楽家ダニエル・ウォール、弦楽四重奏団Spektral Quartetなどと共演するほか、ラシャド・ベッカーらとともに新グループ「Terepa」を結成。
http://www.juliashammasholter.com

ジュリア・ホルターが一気にその名を世界に知らしめたのは、前作『Loud City Song』だった。それは、フランスの文豪コレットの小説を原作とし、のちにハリウッドでミュージカル映画にもなった『ジジ』(映画の邦題は『恋の手ほどき』)をベースにしたアルバムだった。

『ジジ』は、貧しい少女が社交界デビューを果たしていくシンデレラ・ストーリーだ。それはオードリー・ヘプバーンがスターとなるきっかけをもたらした作品としても知られている。『ジジ』にはいくつかのシンデレラ・ストーリーが同時に織り重なっている。

ホルターは、そのストーリーを背景に不思議なアルバムをつくりだした。ミュージカルのような体裁をとっているわけではないし、がちがちのコンセプトアルバムというわけでもない。アンビエンスに満ちた音像のなかを、ホルターの声とさまざまな楽器が、さながら夢のなかで鳴っているかのように飛び交う、なんとも形容しがたい音楽だった。

それが出た当時、多くの批評は「シネマティック」とこの作品を評した。過去のアルバムでギリシャ神話を背景にアルバムをつくったのと同じやり口で彼女は『Loud City Song』をつくったと語っている。ホルターは『ジジ』を現代のひとつの「神話」として綴ったのだった。彼女の作品を貫いてきた感覚は、その、どこか「神話的」な語り口だったのかもしれない。

新作『Have You in My Wilderness』は、そうした話法から、いったん身を置いた作品となったとホルター自身が認めている。コンセプトやストーリーをもたない、ある意味ランダムな曲の集積。彼女は、本作がこれまででいちばん、まとめるのが困難なアルバムだったと語っている。

「数年前から折に触れてピアノでつくってきた曲をまとめようと思ったのだけれども、どうまとめていいのかわからなかったの。つくりながらしっくりくる場所を探さなきゃならなかった」

これまで彼女の作品の制作に携わってきたコール・グリーフ・ニールとふたりで、二人三脚でつくられたアルバムであることは変わらない。しかし、一聴して、これまでの作品と肌合いが違うことはわかる。

トレードマークとも言えるリヴァーブサウンドを極力控え、より率直なサウンドが心がけられた。結果とした立ち上がってくるのは、より体温を感じさせる、ホルター自身の声だ。シンガーソングライターとしての芯のようなものが露わになった作品と言えるかもしれない。「これまででいちばんプライヴェートなアルバムなのは間違いないわ」

それでもホルターの歌には、独特の不思議さがつきまとう。シネマティックとは言えない作品かもしれない。けれども相変わらずどこか神話的だ。ホルターが犬と戯れて遊ぶ最新PVを観てもらうとわかるかもしれない。日常性に満ちた風景を描きながら、散文的にはならない。ここに登場する犬と女性は、ホルターの歌のなかで原型的な存在として記憶に留まる。

遠いところから聴こえてくるようなメロディ。つかまえようとしてもうまくつかまえられない音像。歌の背後に大きな物語があるような感覚。なぜ、どうしてそうなのかを特定することができないまま、心地よいもどかしさとともに、何度も繰り返し聴いてしまう音楽なのだ。

最新作『Have You in My Wilderness』+ 待望の初来日公演が決定!
Amazonで購入する>>

絶賛を集めた2013年の前作『Loud City Song』に続いてDominoからリリースされた最新作。独特のアンビエンスのなかに親密さが宿る新境地を拓いた。待望の初来日ツアーも決定。11月24、25、26日に京都・大阪・東京で公演する。公演の詳細はこちら

Hostess Club Weekender」にも出演決定

11月22日(日)・23日(月・祝)に新木場STUDIO COASTで開催される第11回Hostess Club Weekender。ブロック・パーティー、メルヴィンズ、ミステリー・ジェッツ、ドーター、ザ・ボヒカズ、クリストファー・オウエンス、ドーニクらに加えて、最終ラインナップでジュリア・ホルターの出演(2日目)が発表された。チケットの購入はこちら