ポリフェノールの一種フラボノイド。健康によい成分としてしばしば話題に上りますね。でもフラボノイドってどんな種類があるのか、どんな健康効果があるのかは、意外と知られていないかもしれません。ここではフラボノイドの情報をまとめてみました。

フラボノイドってどんな成分?

フラボノイドはポリフェノールの一種で、天然の有機化合物です。植物色素や味の成分になるもので、葉や茎、幹などに含まれ、種類は4000以上あるといわれています。フラボノイドは、紫外線や害虫などから植物の身を守るはたらきを持っています。種類としては、フラボン、フラボノール、フラバノン、フラバノール、フラバン、イソフラボンなどがあります。どんな食品に含まれているのかも調べてみました。

フラボン

パセリやピーマンのアビゲニン、春菊やセロリのルテオリンなど。

フラボノール

そばのルチン、ニラやブロッコリーのケンフェロール、クエルセチンなど。

フラバノン

レモンやミカンなどのかんきつ類に含まれるヘスぺリジンや、エリオクチオールなど。

フラバノール

緑茶のカテキン、カカオのエピカテキンなど。

イソフラボン

大豆に含まれるダイゼイン、ゲニステインなど。

アントシアニン

イチゴやブルーベリーに含まれるシアニジン、なすやブドウに含まれるデルフィニジンなど。

フラバン-3-オール

緑茶に含まれるカテキンなど。

フラボノイドにはどんな効能があるの?

フラボノイドは種類ごとにさまざまな効果をありますが、基本的にはどのフラボノイドも抗酸化作用を持ち活性酸素の活動を抑制する働きがあります。活性酸素は細胞にストレスを与えて、老化を進めるはたらきがあります。フラボノイドが活性酸素を抑制することで、アンチエイジング効果・美肌効果をもたらします。アントシアニンには、目の健康維持、ヘスぺリジンやルチンには血流を促進する効果、カテキンは動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防する作用が認められています。ケルセチンは、アレルギー症状を抑制するといわれています。

フラボノイドが含まれる食品やサプリメント、あるいは化粧品にも注目してみてくださいね!


writer:松尾真佐代