自閉症の子どもたちを助ける、奇妙な洋服の大きな効果

写真拡大

蛇のような奇妙なスカーフに、頭をすっぽり包んでしまう大きなフード、浮き輪のように膨らむジャケット。まるでピエロの衣装のような一見変わったこれらの洋服は、自閉症の子どものためにデザインされたものだった。ドバイを拠点にする2人のデザイナーが届ける「衣服のセラピー」。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「自閉症の子どもたちを助ける、奇妙な洋服の大きな効果」の写真・リンク付きの記事はこちら
sensewear02

2/4このネックレスは取り外し可能で、噛んでも大丈夫なように──自閉症の人は緊張をほぐすためにモノを噛む癖がある──プラスチックの素材でできている。そのプロトタイプは、2015年春に「Lexus Design Award」を受賞している。

sensewear03

3/4関節部分をメッシュ状にすることで、動きまわっても服を窮屈に感じないようにデザインされている。

sensewear04

4/4大きくてよく伸びるフードを被ってしまえば、周りの騒音をシャットダウンすることができる。さらに服の裏地は空気を入れて膨らませることができ、それはまるで誰かにハグされているかのような心地よい感覚を与えてくれる。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN sensewear01

ピエロの衣装のように見える「Sensewear」は、五感に障害をもつ人々のためにデザインされた洋服だ。

sensewear02

このネックレスは取り外し可能で、噛んでも大丈夫なように──自閉症の人は緊張をほぐすためにモノを噛む癖がある──プラスチックの素材でできている。そのプロトタイプは、2015年春に「Lexus Design Award」を受賞している。

sensewear03

関節部分をメッシュ状にすることで、動きまわっても服を窮屈に感じないようにデザインされている。

sensewear04

大きくてよく伸びるフードを被ってしまえば、周りの騒音をシャットダウンすることができる。さらに服の裏地は空気を入れて膨らませることができ、それはまるで誰かにハグされているかのような心地よい感覚を与えてくれる。

Sensewearのジャケットは、普通のジャケットを着るのとはまったく異なる体験を与えてくれる。裏地を膨らませれば(空気を入れられるようになっている)、まるで抱きしめられているかのような感覚を得られるのだ。同じく、そのスカーフを首に巻けば、楽しい思い出を呼び起こす、心地よい香りを嗅ぐこともできる。

Sensewearは、「普通の人々」のための衣服ではない。これは「衣服がどんな風に感覚処理障害をもつ人々の治療に役立てるのか」を示す一例としてデザインされた、奇抜な見た目の衣服シリーズだ。

ドバイに拠点を置くデザイナーのエマニュエラ・コルティとイヴァン・パラティによるデザインチーム「Caravan」は、感覚作業療法(Sensory Occupational Therapy)を受ける人々のために、これらのジャケット、シャツ、スカーフをデザインした。

感覚処理障害は、自閉症患者の間では一般的な症状だ。中枢神経系が感覚刺激を正確に認識できず、刺激に対して過度に敏感になるか、あるいは逆に、その反応が鈍化してしまう。

ニューヨーク大学作業療法部門長のクリスティ・コエニグによれば、この症状は多種多様なかたちで表れるという。例えばこんな状況を想像してほしい。新しいTシャツを着たときのタグがチクチクとするようなイライラ感が、10倍にも20倍にもなって感じられるとしたら? 感覚処理障害をもつ人々は、こうした不快感に日常的に悩まされている。

そのような不快感を感じた瞬間に、Sensewearシリーズは彼らを即座に守ってくれる。Sensewearの最も重要な点は、患者は「自ら」症状を和らげることができるということだ。それは患者を力づけると同時に、セラピストの苦悩も軽減しうる。

TAG

ClothesDesignWIRED US

2015年の春に行われた「Lexus Design Award」で受賞したプロトタイプデザインは、5つのアイテムから構成されている。デザインは一見すると突飛だが、実はそれぞれのパーツには、さまざまな種類の感覚症状を解決するようなアイデアが組み込まれている。

例えば、ジャケットには空気を入れることのできる裏地とハンドポンプが付いていて、裏地を膨らませることで、布でくるまれた赤ちゃんが感じるような、ぎゅっと抱きしめられた感覚を得ることができる。特大のネックレスは噛んだりタンバリンのように振ったりすることができ、ストレス発散にはもってこいだ。スカーフは2種類ある。ひとつは、嗅覚記憶を呼び起こすことのできる芳香モデル。もうひとつは、首・肩・ウエストなどに快適な圧力を与えるようにデザインされた、しなやかな蛇のようなモデルである。伸縮性のあるフード付きセーターは、音に敏感な人向けのものだ。フードの中に隠れてしまえば、自分だけの防音室をつくることができる。

コルティとパラティは、Sensewearに取り組む前はそれぞれ家具デザイナーとプロダクトデザイナーだった。2人はドバイ自閉症センターの研究グループと協力して開発を行い、感覚処理障害の症状は患者によってまったく異なることを学んだという。

「セラピストへの反応は、それぞれの子どもで異なります。したがって、セラピストは子どもたちにあらゆることを試す必要があります」とコルティは言う。彼らはまた、自閉症患者が、感覚問題の対処法として多種多様でユニークなテクニックをもっていることも発見した。

「あるブロガーはいつもポケットにティッシュペーパーか布を入れておいて、それを握るか噛むことでストレスを解消する必要があると教えてくれました」とコルティは言う。研究グループからは「関節まわりの部分が、ぴったりしすぎている」との指摘があったので、2人はヒザとヒジのまわりの生地に穴をあけ、より動きやすい服を仕上げた。

障害をもつ人にも、もたない人にも

感覚統合セラピーは、比較的最近になって生まれたものだ。自身の自閉症について研究を行った動物科学者のテンプル・グラディンは、1990年代初頭に「圧力がもたらす沈静効果に関する発見」を発表しているが、感覚処理障害がアメリカ精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM第5版)に追加されたのは2013年のことだ。

この障害をもつ人は、過敏反応性か低応答性の2種類に分類される。前者の場合、ある感触や音、視界からの刺激が過剰になりうる。後者の場合は逆に、より多くの刺激を求めることになる。コエニグによれば、どちらの場合でもセラピーの目的は「患者が日々のやりたいことを問題なくできるようにする」ことだ。

その目的のために、セラピストと患者の両方がSensewearの恩恵を受けることができる。(ニューヨーク大学作業療法部門長の)コエニグは、これらの衣服を「障害がある人々の大きな助けとなり、障害のない人々には無害のユニヴァーサルデザイン」と呼ぶ。これは、車椅子のための歩道の縁石の段差解消や、衣服に縫い付けられるタグの代わりに付けられる、生地への直接プリントと同種のものである。

結局のところ、このデザインは衣服に過ぎないので(そして、近いうちにSensewearのデザインもより奇抜ではないものになっていくはずなので)、害はほとんどなく、かつ多くのことに役立つことができる。

例えば伸縮性フードでいえば、フードの中で一時的に感覚を休める必要があればそれができるし、必要がなければフードを取ればいいのである。「応用しやすいものをつくり出したいと考えていました」。コルティは言う。「人々がストレスを感じたときに、それぞれ独自の解決策を見つけることができるようにね」

TAG

ClothesDesignWIRED US