八重洲ブックセンター本店(東京駅前)では日めくりコーナーを設置し人気を呼んでいる

写真拡大 (全2枚)

 松岡修造氏の日めくりが大好評だ。9月に発売された第二弾『ほめくり、修造!』(PHP研究所)が好調な売れ行きを記録している。そんななか、出版各社が相次いで日めくりを投入。ちょっとした日めくりブームになっている。

「修造さんの日めくりがあれだけ売れたのは、もちろん、修造さんのキャラクターや言葉が面白かったということもありますが、それを日めくりにした、ということが大きかった。卓上でも壁掛けでも使えますし、使い勝手は抜群です」(出版関係者)

 第二弾では、修造氏がほめて、ほめて、ほめまくる!のがテーマ。修造氏独自の言葉が散りばめられており、読者を叱咤激励するユニークな作品に仕上がっている。第一弾は10か月で発行部数100万部を突破したが、第二弾も売れに売れている。
 
 こうした人気に乗る形で、日めくりの発売がこの秋、相次いでいる。いずれも修造氏の日めくりと同様、万年カレンダーで、卓上にも壁掛けにもなるタイプだ。

 トレンドウォッチャーのくどうみやこ氏はこう指摘する。

「2013年くらいから日めくりカレンダーはジワジワと人気が出ていて、2013年は脳トレものが人気で、雑学とか漢字とか、脳トレクイズ的な日めくりカレンダーがいっぱい出ていたんです。日めくりブームのベースが作られていて、そこに修造さんの日めくりがポンと出てきて爆発的な人気になったと言えます」
 
 八重洲ブックセンター本店(東京駅前)では今年初めて、地下1階のカレンダー売り場に日めくりコーナーを設置。話題の日めくりを並べて、販売している。

 同書店の販売促進担当の高杉信二さんはこう語る。

「サイズ的にコンパクトな日めくりは若い人を中心に人気です。今の時期、来年に向けて気持ちを新たにするという意味で、日めくりを購入いただくかたも多いです。とくに松岡修造さんの日めくりは眺めているだけで明るい気持ちになりますからね」

 ヒットの火付け役となった修造氏の日めくりによって浸透したのが、カレンダー+「名言・格言」という形だ。

 今年3月にはまずノンスタイル井上裕介の『まいにち、ポジティヴ!』(ワニブックス)が発売。どんなに嫌われても前向きな姿勢を崩さない井上の言葉が受け、5万部のヒットとなった。

 それに対抗する形で、お笑い芸人・ヒロシが9月に出したのが『日めくり まいにち、ネガティブ。』(自由国民社)だ。こちらは、前向きな井上とは真逆の内容。ネガティブすぎる言葉が、“無理しなくていいと思える”と逆に人気を呼んでいる。

 修造氏の日めくりを手掛けたPHP研究所では、8月に『日めくり スティーブ・ジョブズ』(著・桑原晃弥)を発売。「積み上げたものを自分で打ち砕く勇気を持て!」など、ジョブズの名言を収録し、ビジネスマンに響く内容になっている。

 実用的な日めくりも登場し、話題を集めている。テレビで芸能人の顔をあっと言う間に若顔に変えることで話題の顔ヨガ講師・間々田佳子さんが監修した、『日めくり まいにち、顔ヨガ! 1回10秒で小顔&若顔になる』(小学館)がそれだ。

 小顔&若顔になるメソッドが、キュートなデザインとユニークな「顔ヨガ格言」とともに紹介されている。ほかの日めくりと違って、こちらは女性向き。「いつでもどこでも顔ヨガが実践できる」とヒットしている。

 まさに百花繚乱の日めくりブーム。その背景について前出・くどう氏がこう分析する。 

「修造さんの日めくりをはじめとした励まし系のものは、今の時代に合っていると思います。先行きが読めない今の世の中、毎日コツコツ一歩ずつ進んでいくことがすごく大事ですよね。そんななかで、言葉や格言によって励まされたいと思う人は多い。日めくりだから、毎日、いろんな言葉で激励してもらえるわけです。

 一方、顔ヨガなど、実用的な日めくりは、“続ける”ということには最適なツールです。実用的なダイエット本にしても、なかなか続けられない人が多いと思いますが、日めくりが日々見えるところにあって、ハッと目にしたときにできたり、ページをめくった時に、次はこれか!と気持ちがアガったりする、というのはすごく大事です。それが人気の理由でしょう。これから実用系の日めくりがどんどん出てくるかもしれません」(前出・くどう氏)

 カレンダー市場が賑やかになってきたシーズン。来年のカレンダーを、日めくりにする人はますます増えそうだ。