国連創設70年 中国が発言力を強める一方で日本の存在感が問われる状況に

ざっくり言うと

  • 国連は24日、創設70年を迎えるが、日本の存在感が問われる状況だと筆者
  • 中国の通常予算の分担率は16〜18年、現在の6位から3位へと上昇する見通し
  • 日本は2位だが、下げ幅は加盟国中最大で発言力の低下が懸念されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング