革新に必要なデータは、社内に眠っている──英国式イノヴェイション、3つの“現実”解(2)

写真拡大

英国のビジネスからぼくらは何を学べるか? 連載第2回では、日本ではなかなか見られないユニークな形態のコンサルティングビジネスを展開する企業を紹介する。企業の研究開発を社内に閉じるのではなく、外部の頭脳を取り込むことで、イノヴェイションを生み出し続けているのだ。(雑誌『WIRED』VOL.16より転載)

「革新に必要なデータは、社内に眠っている──英国式イノヴェイション、3つの“現実”解(2)」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本のビジネスが英国から学ぶべきはいったい何か? WIRED.jpでは、『WIRED』VOL.16で行った現地のインキュベーターや企業、研究センターなどへの取材を踏まえ、イノヴェイションを加速させる「3つのアイデア」として3回の短期連載にてお届けしている。

第1回記事では、ロンドンでも注目を集めている金融スタートアップインキュベーター「Level39」をフィーチャー。英国式スタートアップの方法論を紹介したが、連載2回目となる本記事では、英国でユニークな形態のコンサルティング事業を展開する企業2社に迫る。外部の「頭脳」を取り入れることよってイノヴェイションを生み出す、英国式コンサルティングとは。


Idea 2:革新に必要なデータは社内に眠っている

「わたしたちのクライアントは、新技術によってイノヴェイティヴな製品をつくり、競合他社に先駆けて発売したいというニーズをもっています。そのニーズはあらゆるメーカーに共通しています」

そう語るのは、テクノロジーコンサルティング企業「ケンブリッジ・コンサルタンツ」のCEO、アラン・リチャードソンだ。

Alan Richardson︱アラン・リチャードソン
1981年にケンブリッジ大学チャーチルカレッジを卒業。84年にケンブリッジ・コンサルタンツに入社後、製品開発ビジネス部門のマネジャーとして活躍し、2007年から副社長、12年にCEOに就任。

ケンブリッジ・コンサルタンツは1960年に設立された、英国で最も歴史のあるテクノロジーコンサルティング企業のひとつであり、クライアントに対して、製品開発におけるイノヴェイションをもたらすことで、コンサルフィーを得るという独自のビジネスモデルを開発し、50年以上、英国を中心に世界中の企業を支援してきた。

製品開発のあらゆる工程において、コンサルティングサーヴィスを提供しているため、初期の製品コンセプトから始める案件もあれば、製造工程での相談を受けることもあるという。

「クライアントの開発チームに代わって、これまでとは異なるアプローチによって新製品を生み出し、競合他社よりも早くそれを世に出す手助けをすることがわれわれの役目です」

一方、データサイエンスのコンサルティングファーム「QuantumBlack」のCEO、サイモン・ウィリアムズはこう語る。

「開発サイクルのスピードアップを図りたい、市場のシェアを伸ばしたい、ヒット率を上げたいなど、基本的に企業が抱えている課題はむかしから何も変わっていなくて、突き詰めればとてもシンプルなものになります。ただ、テクノロジーの発展によって、新しい解決法が生まれているだけなんです」

Simon Williams︱サイモン・ウィリアムズ
QuantumBlack創業者。マクラーレン・フォーミュラ1チームのスピンオフ「SmithBayes」を2006年に創業。F1のマシン開発で培ったデータサイエンスのノウハウを、その他の企業に応用している。

QuantumBlackでは、独自のパターン認識アルゴリズムを搭載したプラットフォームに、クライアントのデータを入力することで、プロジェクト進行の効率化を提案する、ユニークなコンサル事業を展開している。

「F1には実はふたつのレースがあります」とサイモン・ウィリアムズCEOは言う。「ひとつはサーキットで開催されるレースで、もうひとつは、他社よりも早くF1マシンの開発を進める、というガレージでの開発競争です」。

彼は、そのF1マシンの車体開発のプロジェクト・マネジメントを通じて生み出した「ヴィジュアル・アナリティクス・エンジン」を使って、さまざまなクライアントのプロジェクト・マネジメントに対して、効率化の提案を行っている。

メールやスケジュールなど、すでにクライアントがもっているデータだけで、パターン認識のアルゴリズムによって十分改善のポイントを提供できるという。例えば、予定より遅れているところがあれば、いち早くプロジェクトマネジャーのもとにアラートが届く。ただ、生のデータを見せるだけでは伝わらないので、データサイエンティスト、デザイナー、ストラテジスト、エンジニアがチームを組んで、クライアントが最も理解しやすい見せ方で、解析結果をデザインしている。

「新しいデータを集める必要はありません。必要なデータはすでに企業のなかにあるからです。スタッフのメールやスケジュール、プロジェクト進行管理表など、すでにクライアントがもっているデータを1カ所に集めて、そのなかから特徴的なパターンを見つけて、問題を明らかにしていきます」

英国でこうしたコンサルティングファームが活躍している理由とは何か。テクノロジーコンサルティング企業「TTP」のディレクター、ジャスティン・バックランドに訊いた。

「内部の人は自分の業界のなかの視点しかもっていませんが、イノヴェイティヴな製品をつくるには、業界を横断する視点が必要になります。TTPの開発者は、特定の技術を専門としていても、その適用先として、クライアントごとにさまざまな業種にかかわっています。そのため、クライアントの内部の開発者にはない視点から製品開発を行うことができるのです」

また、企業内部の研究開発チームより、外部の方が強いプレッシャーのなかで開発に取り組むことになるので、チームとして、より質の高いアウトプットが出せると彼は言う。

「困難な課題に対して、納期も限られたなかで必ず何かしら成果を出さなければならない。そうしたプレッシャーのある状況の方が、企業内部で開発するよりも、チームのモチヴェイションを高く保つことができます。実現できなかったという言い訳はクライアントにはできないため、知恵を絞って、あらゆる可能性にチャレンジすることになるからです」

UKに学ぶ、イノヴェイションを加速させる3つの“現実”解

Idea 1いまの仕事の不満からスタートアップしよう
Idea 2:革新に必要なデータは社内に眠っている
Idea 3最先端の研究を導入してビジネスを加速させよう

TAG

Big DataBritish InnovationBusinessConsultingInnovate UK