22日、韓国・OSENは、日本のプロ野球で野球賭博の波紋が広がっていると伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は野球のボール。

写真拡大

2015年10月22日、韓国・OSENは、日本のプロ野球で野球賭博の波紋が広がっていると伝えた。

【その他の写真】

読売ジャイアンツは21日、調査の結果、2人の選手が野球賭博の常習者と関係があったと発表した。すでに福田聡選手が野球賭博に関与したことが明らかになっており、さらに2人の選手が野球賭博に関係したことで波紋が広がっている。新たに野球賭博に関与したとされるのは、松本竜也選手(22)と笠原将生選手(24)。2人は福田選手の紹介で出会った知人と、昨年、プロ野球10試合に賭けをして金品を取り交わした。これら行為は、ギャンブルと野球賭博常習者との接触を禁止した野球協約違反(1年または無期限失格処分)に抵触する。

この騒動は、野球が盛んな韓国でも注目を集め、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「韓国でも調査する必要がある」
「隣国の事より自国の心配」
「韓国で調査をしたら、いくつかのチームがなくなると思う」
「審判も怪しいな」
「韓国の野球選手のスマホを解析したら、容疑者が何人もでてきそうだ」
「韓国の野球選手にも醜いことがいろいろある。特に女性問題はひどい」(翻訳・編集/三田)